どれだけ儲けたら気が済みますか

2020年12月06日
0
株式投資











久々に地元のホテルにお茶というか軽いランチをいただきに行きました。クリスマスの飾り付けを楽しんで、わたしはパテのサンドイッチとマサラティ、かみさんはパンケーキとダージリンティー。のんびり過ごしてそれでケーキも買い求めました。今年はクリスマスの盛り上がりも控えめなんでしょうね。でも静かなクリスマスってわたしはとても良いと思います。 

 テレビでたまたま般若心経の話をしていました。あのチコちゃんのという奴です。わたしは般若心経を座右の銘くらいに思って生きています。結局株でいくら儲けようが社会でいくら出世しようが、そんなものは夢幻(ゆめまぼろし)と変わりはないということです。だから私は投資も会社も淡々と離れることができる。ところが世の中の人間は逆をやる。儲ければ儲けるほどもっと儲けたい、出世すれば出世するほどもっと偉くなりたい。そして巧みに自己の欲望を正当化する。自分のためではなく人のためだとか。成功するほどに煩悩を増やす。

 まあ成功するのが悪いということではないとは思います。お金は足りていたほうが良い。結局自分の器を知るということでしょうが、それができないならむしろあまり成功しないほうが幸せなのかもしれません。わたしの個人的経験から言えるのは、豊かになれるのであればつらい貧乏を知っていたほうがより豊かに幸せに生きられる、ということです。つらい思い出が己の原点を呼び起こし感謝の念を忘れさせず欲望の増殖を抑えるのです。

16071447180.jpeg
何が幸せかよくわかりません
でも妻との極上のティータイムは
間違いなく幸せです
こんな実感を積み重ねていけばいいんでしょうね
きっと


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿