ランダムウォーク理論てなんなんだい?

2020年11月15日
0
株式投資
ランダムウォーク理論についてブロガーさん同士が言い争いをしているのを読みました。そんなもの勉強したこともないし、どっちが正しいかわたしは知りませんけど、ただ面白いなと思ったのは、500もある銘柄から50銘柄をプロのファンドマネージャとチンパンジーに選ばせて、それで同じ時期で結果を測定すると運用成績は変わらないそうです。それを読んでわたしが考えたのは、500から50を選ばされて、なおかつポジション持ち続けると固定されると、プロのファンドマネージャとチンパンジーに差がなくなるのかな、ということです。それだけ銘柄数に制限を与えて、かつポジションの時期を固定して投資するのは不利に働く、とわたしは思いました。もしプロのファンドマネージャでも個人投資家でも、自信のあるそれもひっそりと買える数少ない銘柄を自分が最適と思える時期を選んで投資をしたら、それでもチンパンジーと変わらないでしょうか?そういう統計はないんですかね? 

まあ間違いなく言えるのは、このハルトモ君はチンパンジーよりは明らかに賢いということです。チンパンジーじゃ貧乏からのし上がってわたしのようにはなれない。なったら猿の惑星だ!株価の予測なんて人生で1回か2回当てることができれば、うまくやれば一生食うに困らないお金が稼げるでしょう。だいたい株価がもしも誰にも絶対予測できないのであれば、インサイダー取引が違法になることはないと思います。広く知られていない情報が株価に反映されていないことはよくあることで、特にインサイダー取引はずるいということで違法になっています。ではいわゆるずるいと思われるもので合法的なものはないのでしょうか? そんなことはないでしょう。法律が完璧であるはずもありません。決定的に株価に影響を与えるか何かが多くの人に知られていないならインサイダー情報と同じ効果があるんでしょうね。そんなことを考えましたが、さてランダムウォーク理論て個人投資家のみなさんが株で勝つにの知らなきゃいけないもんなんですかね? ちゃんと知らないと罵られる? わたしは勉強する気はしませんね。個人投資家、とくに初心者は知識が頭からこぼれないようにご注意って気もします。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿