株式投資の初心者が最初に学ぶべきは?

2020年10月26日
0
株式投資

ほとんどの初心者は、いきなり株取引の勉強をしちゃうんだと思います。でも株の取引の前に、そもそも株式会社ってのはいったいどんな存在? 株式会社はなんで株式を発行するのか?じゃあ株式の機能っていったい何よ? なんててとこをまず考える。株式会社の歴史を紐解くのも良い。わたしはそれをお勧めしたいです。その次に、じゃあ株式取引という世界にはいったい誰がいるんですか?何をやっているんですか?その機能と目的は? 次にじゃあ株価ってどうやって決まるんだろう? 誰が決めてる?と思考が続く。そこでこれから自分がなろうという株主の意味と役割も考える。

じゃあ仮にトヨタの株主って一体誰がどれだけ持ってるの? そのうち個人はどれだけ? 実はトヨタの株主の大半は日々の株価なんて関係ないんじゃないの? なんて考えてもいい。流動しているのは全体から見ればごくわずかです。株主全部が株価に一喜一憂しているわけじゃない。まあ自分の会社から考えてみてはいかがでしょうか?まあどんなステップかはその人次第なんですけど、これから飛び込んで行く世界、ぱっとは入っちゃうと全体が見えないわけです。せっかく初心者つまり外にいるんですから、入る前に外からよく眺めて、それで自分なりの全体のイメージを持って欲しいわけです。ゲームの構造を把握するってことです。

サラリーマン投資家の多くは株式会社に勤めているんだと思いますけど、案外株式会社ってものを知らない人が多いと思います。世の多くのサラリーマンの不平不満は、株式会社の全体像への無理解、つまり従業員としてだけではない経営者とか株主の視点に対しての無理解から来ることが多いです。従業員から見ておかしなことをするなと思っても視点を変えれば理解ができるものなのです。仮におかしいとしておかしいなりに理解ができる。その意味で株式取引の勉強がサラリーマン人生にも役立つかもしれません。

世の中には会社なんてみないで株取引をするようなひとたちもいます。別にそうなってもそれでいいのですけど、大多数の投資家は企業に投資をする以上、こうやって根源的な問いを繰り返すことで、それで自分の投資家としての軸を養いたいわけです。自分はどんなプレーヤーでやっていくのか?ってマーケットポジショニングの話です。多くの株主、投資家がいる中で自分の位置を知りそして定めるということです。結果デイトレーダーでもそれはいいんだと思います。結局株をやる以上、株式会社を知っておいて無駄にはならないと思います。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿