億り人の暮らし向き

2020年09月07日
0
株式投資
15993678180.jpeg

15993678030.jpeg
我が家が一番お気に入りの那須のパン屋さん
クーロンヌ
さいたまに持って帰ってワインでいただいたりしてます
他にも有名な店が多いですけど、ここのパンに慣れたって感じです

わたしが知る億り人さんのブログはほぼたいてい暮らし向きとか生活全般についての記述がけっこうあります。そういう話がなくて株の理屈ばかり言っている人はそんな儲かっていないように見えます。ある儲けていないブロガーさんがどこからか仕入れてきた話でしょうけど、億り人は実は質素な生活をしていると書いていました。ちょっと違う印象ですね。たぶん自分どころか友達にも億り人がいないのでしょう。もちろんわたしが直接面識のある億り人はせいぜい数人ですので、全部とは言いませんけど、みんな庶民感覚ではけっこうな暮らし向きをされてます。もちろん節約だってしていますけど、車とかやはりそのあたりのサラリーマンでは買いにくいなってのに乗ってますし、旅行でも食事でも庶民が尻込みするようなところで食べたりしてます。まあみなさん優雅ですよ。そういうことをしてもそんなにびっくりするほどお金が減っていかないってのもありますし、そもそも儲ける目的が豊かな暮らしを手に入れる、というのが投資家共通の願いでしょうからそれを実現しないでなんのための株式投資かってことだと思います。だから株で儲けたら暮らし向きの話は自然なんです。あと税金とかの話とかも。

わたしの印象では相続をされて財があるかたは、けっこう質素です。ですから日本の富裕層の大多数は相続によって富裕層になっていますので、そういう意味で富裕層の暮らし向きはけっこう質素というのはわたしも同じ印象を持っています。後代に繋がないと行けないという責任感もありますし、あと古い家柄ですとなんやかやと出費が多いとか、これは知っている地主さんが言ってました。たぶん億り人の生活と富裕層の生活がどこかでごっちゃになってそれをブログで書いたんだと思います。ダイヤモンドとかプレジデントなんかも今は読んでませんけど、金持ちの考え方などと題して、ずいぶんいい加減なことを書いてます。ブログが怖いのはほとんどまともそうに見えるのにやはり詳細なところで経験に基づいていない軽さというのがあって、その点において株式投資についての見識にも首をかしげる点が垣間見えることです。もちろんわからない人にはわからないのですけど。

こうやって書いてくると億り人は楽勝の勝ち組かと思われる人がいるかもしれませんけど、そういう話でもないのです。持ってみればわかりますけど、保有資産が一億円くらいじゃ安心できませんよ。ましてや株のポジションが大きかったら冷や汗ものです。つまり別に一生分の勝ちが決まって、安心してお金を使っているってわけじゃあないのです。何度か痛い経験をされている方もいますので、これからも痛い思いをするかも、、とこれは引退しない限り誰でも漠然とそういう心持ちはどこかにある。でもまあそこそこ毎日楽しく暮らせてんだから楽しまなきゃって気分もある。いわゆる勝負師のメンタリティとでも言いましょうか? やはりどこか浮世離れをしてる部分があるってわたしは思います。ときどきどんな株ブログが参考になりますかって聞かれることがあるんですけど、(ハルトモは面白いけど参考にならないので)わたしは暮らし向きが書いてあるブログをオススメします。それで自分もそうなりたいって人のブログを読んでイメージ膨らませるとよろしいかと。偽物は暮らし向きは書かないと思います。書いていくと簡単にボロがでますしね。まず偽物じゃないってことが大前提でしょう。高名な株式評論家でも株をやらない人っているんですよ。自分は先生と呼ばれるほどには儲けたことがない。それでも素人を騙してやっていける世界なんです。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿