那須と那須塩原は何が違うのか?

2020年08月28日
0
旅を楽しむコツ
スクリーンショット 2020-08-28 9.04.46
那須町と言えば那須岳(茶臼岳)
暑いのでスキー場から撮った以前の写真を再掲
   
那須に住むようになってから友人知人から時々聞かれる質問がこれ。人によっては那須塩原の中に、塩原と那須があるとか思っていたりします。違います! 那須町と那須塩原市は隣接した別の自治体です。那須塩原市ってのは塩原、黒磯、西那須野が合併してできた市で命名するときに、那須塩原市ってややこしい名前にしたんです。当時那須町は反対したそうですが、そんなのカンケーネーと那須塩原市になったとか。もっとも新幹線の駅も那須塩原駅でこれは那須塩原市にありますのでまあ駅名が市名になったというところですね。那須塩原には塩原温泉がありますが、他は目立った観光地はありません。塩原温泉も那須と比べると小さくてそれほど賑やかとは言えませんので、観光地と言ったら那須町になります。それから標高が違います。高原リゾートと言えるのは那須です。観光施設とかレストランとかの数もまったく違います。(那須が多い)御用邸も那須町にあります。那須町に住んでいて知ったのは福島県に近いというか白河市に隣接していることです。白河は車で30分ほど。だから福島県のお客さんってけっこう多いです。それから会津にもけっこう近い。東北観光の拠点にもなるのが那須です。那須に一泊してから東北旅行とかいいですよ。逆に帰りに寄ってもいい。
   
自治体の命名のいきさつってけっこうおもしろいですね。明智光秀ゆかりの地めぐりなんてやってブログにもアップしたことがあるんですけど、光秀ゆかりの城がいくつかあって亀山城というのが京都府亀岡市にある。変ですよね。亀岡市に亀山城、でも調べると理由があって、三重県にある亀山との混同を避けるために明治時代に改名したそうで、こういう時って規模が小さい方が遠慮するんかしら?奈良に住んでいたことがあって、大和郡山市とか大和高田市とかあることを知りました。これは郡山市と高田市との混同をさけるためにこれは昭和に改名したそうです。わたしが生まれた静岡県清水市、実は同じ清水が高知にあって、そっちは土佐清水市になった。清水市が先にあったからです。でもその清水市は今はなくなって静岡市清水区になってるんですね。もう土佐を外してもいいかもしれないけどお金がかかるだけか。

さいたま市というのができた時に由緒ある浦和市と大宮市が消えて、たくさん区ができたんだけど、その時に旧浦和市が浦和区になったわけじゃないし、大宮市が大宮区になったわけじゃない。大宮市の東のほうなんて見沼区なんて名前になって、今でも見沼区の人で、どこにお住まいですかなんて遠方の人に聞かれると大宮市ですなんて答える人がいます。浦和市も緑区とか桜区になってるのに、浦和です、なんて言う人がいまだにいます。(年寄りが多い)なんかさいたま市って嫌なんでしょうね。翔んでだ埼玉で、それに桜区なんて言っても誰も知らない。でも地名で不動産の単価というのは変わってくるんです。同じさいたま市で住んでいて差はないのに、区名が違うとつまり通りが違うと坪単価が変わってくる。買う方にすれば知られた地名のところのほうが買いやすいからでしょう。人にも言いやすい。それと学区も変わってきたりとかあります。さいたま市は学区ごとの学力の差がすごく大きいのです。那須塩原市と那須町から始まっていろいろ書きましたが、結局人間の思惑が絡んでいるので面白いんですね。自治体名だけじゃなくて駅名なんてのも面白い。上に書いた新幹線那須塩原駅、これももともと新那須って駅名の予定だったらしいけど、塩原が運動して那須塩原駅になったらしい。そのおかげで那須塩原市ができたことにも繋がっている。読者のみなさんがお住まいの地域で面白い逸話とかありますか? 
    



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿