半沢直樹ー日本人にとっての謝罪の意味

2020年08月11日
0
日々の雑感ーリタイアライフ
15971141980.jpeg
那須の夏の花火
スマホでは花火は上手く撮れない

半沢直樹は大いに笑わせてもらっている。たぶん日本でもっとも人気のあるドラマなんだと思うけど、そのドラマで随所に見せ場となるのが、「謝らせる」という行為である。かつての国民的人気番組、水戸黄門、悪代官といえど最後ひれ伏す、まさにその様を連想させる。勧善懲悪の予定調和ドラマである。でも倍返しだって騒ぐ割には、大和田常務はいまだに元気だし、今回のヒール役の部長も副頭取も出向程度で致命傷は負わない。復活さえ連想させる。粉飾企業と結託して融資させて、横領じゃないか、出向程度で済むものか?警察に告訴されても不思議はない気がする。つまり謝罪させることで、それ以上は問わない。見るものは大いに納得して溜飲を下げるのが日本のドラマ。

一方アメリカのドラマもよく見るけど悪役が平伏して謝罪するなんて見た記憶がない。悪役ってのはたいてい死ぬか、または逮捕される。それでこそ見ているものは納得をする。日本人は悪い奴に甘いなって思う。どんな悪いやつでも平伏して謝るなら、許してやろうじゃねえかってのが日本人の美学。

日本人は死んだら皆仏という感覚も強い。だから戦犯だって死んだら仏で、馬鹿な指導者のおかげで何百万人も死んだのに、責任はうやむやになる。いつまでも罪を問うのは、日本人は美しくないと感じるのである。以前も書いたけど、ドイツ人と言うのは実は日本人によくない国民感情を持っていることは信頼できる調査で明らかにされているんだけど、そのドイツ人の言い回しで、日本人的謝罪という言葉がある。大袈裟に謝罪して、ことをうやむやに終わらせようとする、という意味である。まったくだなと思う。

前作の半沢直樹に共感する視聴者が、最後彼が出向させられることに、猛然と抗議する声をわたしは聞かない。わたしは百姓一揆を連想する。どんなに悪代官が圧政を敷いたその結果の一揆であろうと、一揆の首謀者は磔になるのが決まり。ドラマだってそういうのが多い。それどころか磔になる首謀者に共感して涙して喜ぶのが日本人。やることをやった以上、組織を乱した科を受け、颯爽と組織を去るのも、これもまた日本人の美学というわけだ。今回のエンディングはどうなるんだろうか? 

半沢直樹はコメディとして大いに笑わせてはいただいているが、わたしはあまり共感しない。そんなに強いなら、やられる前にやっつければいいと思う。だったら倍なんてパワー要らないし、うまくやれば恨みも買わない。自分が得るべきものを得れば十分で、謝らせて喜ぶ趣味もわたしにはない。わたしはたくさん大人の喧嘩をしてきたけど、そういうノリでしたね。




関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿