この世には親と縁を切る幸せもあるのです

2020年08月08日
4
人生の考え方
15968698210.jpeg


15968698360.jpeg

15968698510.jpeg

15968698670.jpeg

児童養護施設では指導員と子ども、今は友達の女子大生と食事。楽しくいろんなことを話した。コロナショックはぎりぎりセーフで従業員2000人ほどの、まさにホワイト企業に就職できた。日本の働きやすい会社ベスト50に入る会社である。わたしは彼女に大学4年間、よく学びよく遊べとアドバイスした。そして友達をたくさん作れと。彼女はその通りの大学生活を満喫した。わたしと出会っていなければたぶんその子は大学には行っていない。その児童養護施設40年で初めての四大卒である。背景にあるのは施設が大学進学を勧めないのである。その話は以前も書いたので今日はやめておこう。

彼女には両親がいるけど、2歳の時の児童養護施設に入って以来、その子のことなど面倒もみない親である。そんな親は足手まといにこそなれ助けにはまったくならない。得てして児童養護施設の子どもにたかるのがその親である。幸いその子はうまいこと親との縁が切れたようでとても安心した。あてにもならない助けを期待して親子でいるよりその方がずっとましである。

わたしの場合は最後まで親との縁はきれない。親から切ってくれればよほど幸せだったんだけど、神様は私に試練を課した。試練にはおまけがついて他人まで面倒を見る流れとなった。わたしはそれを十分に楽しめる力があったので良いが、普通はなかなかそうはいかない。わたしの自分の親に対する1番の記憶は、わたしの火傷の跡を親父が尋ねたことだ。

わたしの親指の付け根にひどい火傷の跡があった。親父が気まぐれでわたしにタバコの火を押し付けた跡だ。でも親父は自分の子供にタバコの火を押し付けたことさえ覚えていなかった。それでその火傷どうしたんだと、わたしに聞いたのである。わたしはその親父の面倒をとことん見て300回東京と静岡を往復して見送った。それは自分のためである。自分が自分らしい生き方を全うするためである。それがわたしなりの親子の清算であった。でもそんなことしないで済んだほうがずっと身も心も楽だと思う。

ゆっくりと食事を楽しみたくさん未来について語った。輝かしい未来を願うばかりである。恵まれない環境に育った子は誰からも大志を抱けとか夢を追い求めよと言われない。ただただ人に迷惑かけず自立することを求められる。だからこそ自分自身を叱咤激励して生きて欲しい。高い自己肯定感を持って自分の納得に突き進んで欲しい。せめてわたしくらいをお手本の最低線くらいに思って、自分の夢に向かって羽ばたいて欲しい。わたしの自慢話はそういう境遇にある人間のためにある。どこぞの苦労知らずが自慢はみっともないなどと知ったことを言うなど相手にならないのである。



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 4

There are no comments yet.

kathy  

ハルトモさんは、もう養護施設の子どもたちや恵まれない子どもたちのために働こうとは思われないのですか。ハルトモさんがそういう子どもたちの施設を作ったり運営したりしたら、画期的なものになるのではないかと思ったりします。

2020/08/08 (Sat) 23:49
ハルトモ

ハルトモ  

Re: タイトルなし

児童養護は行政の枠組みの中で行われるものですから、自由に施設も作れませんし自由に運営もできません。画期的にはできません。
施設で働いていても、救えない子のほうがずっと多いのです。わたしがここで描いた美談ばかりじゃないのです。
それと年齢的にも40代くらいの人が良いと思います。立派な方もおられますよ。

2020/08/09 (Sun) 11:18

三星  

7月29日の記事に最後にコメントさせていただいた者です。
ハルトモさんの人との関わり方・考え方はとても素晴らしいですね。
特に親世代との関わり・考えは今の自分にはなかなか出来ません。
10代の頃から祖父母の看護・介護、それが原因の我が家の経済的な問題、そしてこれから始まるかもしれない親の介護・・・
この20数年、目の前の問題解決に必死で気がつけば40歳。
自分のやりたい事を諦め、前の世代の後始末をしてきただけの20年・・・
親子って何なんでしょうね?同じ子供でも介護をする者・関わらない者もいるし・・・
何もかも放ったらかして逃げれればどれほど楽か・・・

2020/08/10 (Mon) 11:30
ハルトモ

ハルトモ  

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。わたしと同じようにする人は普通いないと思うのでお比べになることはないでしょう。
わたしと22歳も歳が違いますので、時を経ればまた考え方も変わっていくかもしれません。
中村天風師の本を一度お読みになることをお勧めします。例えば成功の実現とか、、

2020/08/10 (Mon) 19:04

コメント投稿