わたしのゴルフの夢

2020年08月06日
0
リゾートゴルフ&スキー
15966931230.jpeg

久々にさいたまのホームコースでのラウンド。夫婦で正会員なんで年会費を5万円くらい払っているんだけど、メンバーとビジターの料金差は平日で1000円から1500円。年間20ラウンドもすれば元は取れるのだが、今年はさいたまゴルフは激減している。いろんな事情が重なっているが、栃木でのラウンドがむしろ中心になっている。なにせ栃木は立派なコースでも5000円以下で回れる。コースの状態からグリーンからさいたまの河川敷とはレベルが違う。それでもさいたまは今後月2回くらいは行くと思うのでメンバーシップは維持である。いつかまた一人で組み合わせで周る時期も来ると思う。わたしの場合はコロナ以来一人でコースに行って組み合わせではラウンドしていない。夫婦で回るか栃木の友人と回るか、または一人で練習ラウンドである。特に夫婦でゴルフができるというのはこの時節とても恵まれていると思う。

朝6時半からのアーリーバードゴルフ、多少の風もあったので暑さは問題なかったけどラフの深さに参ってしまった。ボールがなかなか見つからないのである。真上から見れば見つかるけど、離れたらまったく見えない。それで進行が遅れてロストもやってやる気が失せる。フェアウェイにいつも打てればいいけどそうもいかない。グリーン周りもすっぽりとボールが沈んで寄せづらい、極め付きは高麗グリーン。栃木の軽いタッチのグリーン慣れた人間から、これでもパッティング?ってくらいの気分になる。ショットしてる気分。それでスコアは平凡43,42で85。まあ条件を考えればそんな悪くもないと思うが、最近は30台が良く出ていたんだけどほど遠い内容であった。

河川敷だからっていいスコアがでるわけじゃない。それなりに難しさがあるということであった。ただ言えるのはわたしはもう河川敷ゴルファーではないね。どんなコースに行ってもまず90は打たない。年間100−150ラウンドして90切る確率は98%以上である。じゃあ70台がどれだけでるかと言うと10%もないのが現状。つまり90%は80台で回るんである。サラリーマンのときより全ラウンドの安定感は上だと思う。特に栃木を入れても。ただ爆発的なスコアはでなくなっている。結果ハンデは落ちている。一番の理由は、それほどスコアにこだわっていないからである。もちろんスコアは気になるけど、それ以上にホールごとの攻略の満足感とかショットの内容が関心事である。それとカミさんが上達してきているので、カミさんのキャディー気分が強い。カミさんはドライバーが安定してきて今日も男性用の白ティーから100くらいで回った。カミさんのコーチがわたしである。なんとか前半後半どっちも40台で90前半で回れるようにするのが今年の目標だ。十分可能だと思う。わたしの方はもうそんなに上手くならない。

ただわたしには実は夢がある。70代になるとほとんどのゴルファーはぐっと元気がなくなる。飛ばなくなる。かつて歯が立たなかった上級者が弱ったその時に元気なわたしが70代でグランドシニアチャンピオンになるという夢である。そのためには体を鍛えねばいけないと、毎日ジムに通って筋トレしたり走ったり。70代でも今と同じだけ飛ばすつもりだけど、それには道具の力だね。62歳の現在でも40代のときとおなじくらい飛んでいる。基礎体力はあると思うので見込みは十分あると思う。

それにしても基本的に考え方が株式投資と同じだね。狙ったとこまで落ちてくるのを気長に待つ株式投資。ゴルフも敵わない相手が落ちてくるのを気長に待つと言う作戦だ。こっちは落ちないように鍛えるのみである。意地は悪いが案外手堅い。勝負師ってのは意外と手堅いのである。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿