リスクは管理できない、資金は管理できる。それが生活防衛。

2020年06月30日
0
株式投資
スクリーンショット 2020-06-28 22.40.44

株式投資では資金管理、リスク管理が重要だと言うことは聞くけど、わたしが思うにはリスクは管理できない。世の中思わぬことが起きるし低いリスクだと思っていたけど実は危なかったり。人からはハイリターンで危ないと見えても自分でローリスクだと思える時もある。いずれにせよどうなってもいいように備えるという意味で資金管理を行う。

資金管理はすなわち生活防衛です。どうなっても今の生活は維持する。そのための資金管理がきちんとできていればそれがリスクへの対応です。リスクというのは、自分が思うようにならなかった場合ということで、それはリスクと言うより可能性への対処です。リスクと言うとなんかなかなか起きないイメージがあるけど、もっと身近な可能性です。大いにあり得ること。

わたしは生まれて初めて買った株のボッシュで大勝負。でも株価が上がらない可能性はそれは大いにある。その時にどうするつもりだったかは、当時のわたしのブログにも書いてある。わたしは何重にもガードをかけていたから、生活破綻などはありえなかった。ただ会社で少し大人しく生きるという選択肢をしたかもしれない。武運つたなく敗れた以上は仕方ない。ひょっとしてかみさんが仕事を続けた可能性もある。それさえなくても大丈夫だったけど。

そんな難しい話じゃない。株を買って思うように上がらなくて驚くことはない。その時どうするかなんて、そんなの考えておくなんてのは当たり前のことである。それを人に言う意味もないと思う。そんな当たり前のこと人から注意されてわかない人間ならたぶん怒鳴りつけられてもわからない。車というのはスピードを出すほど危ないですよ、なんて、荒っぽい運転をするドライバーに説教するようなものだ。言ったところで大人しくならない。(ぶつけて気が付く?)

前にも書いたけど、貧乏人ほど建て玉が大きすぎると思う。貧乏人は現金比率80%か90%くらいでやれば良いと思う。10%くらいじゃないかしら。減っても気持ちが動揺しない金額は。1000万しかない人間は100万負けたら平常心でいられないだろう。金持ちは5億が3億になっても生活は変わらないし困らない。金持ちほど大きな建て玉に耐えられる。でも意外と金持ちほど建て玉は小さいことが多い。株が趣味でない限りいくら儲けてもキリがないからだ。


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿