車は実用と自己満足のバランス

2020年05月17日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
15894448110.jpeg

わたしはこの25年で車は11台買って、うち新車が8台+新古車が2台、それで中古車が一台。完全中古車の1台は選挙運動のために買って一年で手放したんで、基本的に車は新車を買っている。それで新車と長く乗るというわけでもなく5年くらいで手放している。5年で手放すのは経済的には一番損だとわかっているけど、どうもそのあたりで新しいのを買いたくなっちゃうのね。わたしの場合お遊びの道具として車の位置づけは趣味に近いし、借金して買うわけでもないし、だいたいそれくらいお金を使わないとって思う。少しは金を減らそうってことでもある。

新車か中古車かという議論はあるけど、結局どういう暮らしをしているかによると思う。自慢のための車なら好きなものを買えば良いと思うけど、わたしみたいに激しく使う人間からすると、中古車の方が割高な場合もある。メルセデスとかBMWは、距離を乗る人は新車を買ったほうが良いと思う。VWでも新車の方が安心できる。それで5年間の延長保証に入れば少なくとも5年間は不愉快な思いも高額な修理代もかからない。一方自慢するのが目的なら中古の高級外車を買っても距離さえ乗らなきゃ維持費はそんなかからない。たまに乗る分には最新の技術なども要らんだろう。

中古車でトヨタなんかを3年落ちで買ってその後7年乗るというのは一番経済的だとは思う。なにせ圧倒的に故障が少ない、それも高額な費用がかかるような故障が少ないのがトヨタ車だ。ただ問題は、トヨタ車に乗りたいと思うかである。わたしはもしトヨタ車を一台買えと言われたら、三年落ちのカムリを選ぶ。カムリはアメリカの設計で他のトヨタ車と趣が少し違う。それと3年落ちだと自動運転などの必要な機能は装着されている。

高級車はたくさん乗ってこその意味がある、とわたしは考える。それほど乗らないのであれば実用上なんでもいい気がする。それと自分の運転テクニックというか技量を考えないといけない。ポルシェとか乗るのにサーキットとかで限界走行もしたことがないでは、車の性能など堪能する力量も感覚もないだろう。まあこれも自慢と自己満足が目的ですと言われるとそこで話は終わるわけだが。わたしはそういうのは好まないというか、逆にみっともないと思うほうだ。

自慢にふさわしいライフスタイルが備わっていないと滑稽になるということである。自動車は高額で目立ちやすいだけにそういう傾向は強くでる買い物だと思う。金があるからとつい高いものを買いたくなるなら、自分を磨くかとかあり方を変えるとか、または違うお金の使い方を考えるとよいかもと、わたしなどは思うわけです。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿