理論と知識を重んじる投資家の勝率は?

2020年04月27日
2
0
株式投資
15879323170.jpeg

15874735360.jpeg

15874735610.jpeg

最近かみさんと娘とで一緒に楽しそうに料理を作っている
STAY HOMEもいいね

STAYHOMEをすることでいろんな問題が起きたりあるいは顕在化するファミリーが多いと報道されている。サラリーマンが定年になったらこうなるんだと疑似体験する良い機会かもしれない。もともと問題があればファミリーが近くにいることでギクシャクするのはそれはそうだろうと思う。我が家のように真ん丸の家庭であれば、より幸福度も高まる。独り者は寂しさを紛らわすこともできず孤独感も高まる。つまり幸福度の格差が広がるということなんだろうね。

個人的に知っている投資家でも、あるいは株ブロガーでも、理論派というか理屈っぽい投資家の勝率は決して高くないという印象がわたしにはあって、それはこの20年の経験から言ってもたぶん合っている。理論とか知識が要らないという意味ではなくて、ブログで自説を披露したりあるいは他者と議論したり、蘊蓄を披露する人は、ただ勝てば良いという人ではなくて(それでは勝てないと思っている)、相場の真理を究め、勝つためのスタイルなり手法に到達することで、勝ち組になれると思い込んでいる。でもそういうブロガーは案外短命に終わる。10年以上というサイクルで見ると、議論などしないで、たんたんと人はどうでも自分はこうだという、そういう人が勝ち残り生き残る。

真理というものは求めれば求めるほど遠ざかっていくという言葉がある。ゴルフでもそれはトッププロを目指すならゴルフの真理探究もありだろうけど、アマチュアレベルでは過度なスイング理論はかえって上達の邪魔になる。スイングをよくしてゴルフが上手くなるわけではないのだ。投資も同じで理論を極めて儲かるわけではないし、いくら立派な理論を述べたところで、自分の結果以上に自分の理論が輝くことは決してない。理論派は自分の敗因さえ論理的に分析する。でもね。またゴルフの話題で恐縮だけど、それはラウンド中ミスショットするたびにゴルフ理論に立ち返るようなもんである。

一方で負ける理由をメンタルに求める人も多い。だがよく見るとメンタルを語る人ほど案外理屈っぽかったりする。なぜなら理論は正しいのにそれをメンタルが邪魔して、理論通りできなかったから負けたと考えるからである。つまりメンタルを語る前に必ず理論がある。

投資における理論も知識もメンタルもそして経験も、わたしは否定はしないけど、それが勝負の本質だとは思っていない。むしろ株式投資の理論なんか横に置いておいて、自分の人生観とか価値観を確立して、また本業なりなんらかの専門性をも保有して、そういう面でこそ自分を高めた上で、それで株式投資をいうものを眺めてみると、さて何が見えるか? 自分が見えた範囲でこれは行けると思うなら勝負も一興じゃないかしらって、わたしはそう思ってます。

さて、わたしはここまで書いて、これは90%の負け組さんとか初心者さんには言ってないです。ろくに勉強もしないで、ちょっとネットで知識をかじって、軽く試して、そんでうまくいかないと、相場って難しいですね、、なんて言う人には、まったくお呼びでないブログです。だからこそ長く続いているとも言えるんでしょうけど。それは儲けようと思えば相当真面目に勉強しなきゃダメですよ。何を勉強するかですけどね。え?上と言っていることが矛盾している? 矛盾だと思う人はだいぶ無駄な時間を費やしたってことでしょうね。ご苦労様でした。




関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

田舎の人  

今日もいい話ですね。

何時も楽しく拝見させていただいています。
私も競輪好きですが車券が当たらないのでもっぱらネット観戦です。
ところが日本選手権がコロナ騒動で中止となりました。
競輪は競馬・競艇に比べたら売り上げがガタ落ちのようです。
高齢ファンが多いせいですかね。残念です。

2020/04/27 (Mon) 10:13
ハルトモ

ハルトモ  

Re: 今日もいい話ですね。

競輪てのは見ているだけでも面白いですよね。少なくとも株価みたいに数字が変わるだけよりずっとおもしろい。でも長期的には廃れる方向は間違いないでしょうね。有望な若者が行かなくなっていくでしょうし。

2020/04/27 (Mon) 23:01

コメント投稿