日本国の象徴は天皇じゃないような気が

2020年04月19日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
15872025390.jpeg
藤屋の豆腐でカミさんが肉豆腐を作った

15872099970.jpeg
豆腐と一緒に購入したおからで娘が作ったケーキ
見かけはイマイチだけど味はまあまあ
砂糖が少なくてヘルシー
赤ワインにあう

最近安倍首相と昭恵夫人の評判がすこぶる悪い。もともと好意的でないわたしでも、ちと哀れだと思うくらいである。お二人はなんで自分がそこまで貶められなければいけないか納得がいかないはずだ。なにをしたって批判される。わたしはあらゆる意味であの二人は日本国の象徴という気がする。今の日本国民にふさわしい人が総理大臣をやっているとわたしは思う。代わりがいるとかいないとか、なんでもいいけど、諸手をあげて、自由に放題できるだけの議席を与えたのは日本国民に他ならない。だいたい国民のレベル以上の総理大臣がこの国に出てくるはずがないではない。 ここにきてぶつぶつ言うのは遅いとわたしは思う。

一方個人的に天皇皇后両陛下は先代から含めて、日本国民にはもったいないくらい立派な人間性を有する方々だと思う。そのあたりの苦労知らずの坊やなんかとはレベルが違う。憲法改正論議もあるけど、この際第一条を改正するというのはどうだろう? 天皇は日本国の象徴を改正して日本国民の模範かつ理想であるとするのだ。まあなんでもいいや、どうせ冗談です。

わたしは非常に貧乏な家の子でした。1億2千万人を日本の人口とすれば、わたしが子供の頃、およそ一億人以上はわたしよりも裕福な人たち。それが50年たつとわたしより貧しい人間が軽く一億人以上いる国になってしまった。私程度の人間になんで国民の大多数が抜き去られたのか? ボケッとしているからでしょう。わたしがのし上がったんじゃなくてみんなで落ちぶれたんじゃないかしら。

自分の置かれた身も心得ず自分は上等だと思い込んで、それでお上になんとかしてもらおうという考え、自分のおつむで考えるよりすぐに教わろうとする自立心の低さ、自分でなんとかするよりも人と同じようにすれば安泰だろうという安易な横並び意識、うまくいかなければすぐに人のせいにする根性。安倍首相が我が国の総理大臣になったのは決して偶然ではないとわたしは思いますね。

じゃあどうするべきかというのか?わたしはそんなこと知らない。わたしは現政権を支持はしないけど、別に現状に不満はない。自分で納得がいくように生きてきて今の大満足の暮らしがある。だからこの国をどうのこうのとか思わないです。わたしは日本は比較論で言えば悪い国ではないと思う。もっと酷い国なんていくらである。この国はおかしいと文句がある人間が国を変えればよい。できるもんならやったらよろしい。それができるくらいの根性があれば、自分の暮らしむきくらい、お上に文句なんてでないくらい立派に切り盛りできるんじゃないかと思いますけどね。

日本人が大好きな言葉に、人間は一人ではなにもできない、、て言葉がある。そうですかね? わたしはそうは思っていません。人間一人が真剣に取り組んだ時のパワーは物凄いものがあると思ってます。勘違しないでほしいのは、言葉に罪はない。一人よりもチームで取り組むことで大きな成果がでる。当たり前。だからまったく間違っているとは言わないけど、わざわざ一人ではなにもできないなんて言う必要などないではありませんか? みんなが各人で凄い働きをして、それが集まればそれはもっと凄いって、わたしはそう思います。

わたしはこのブログで個人的革命という言葉をなんども使っています。別に政府を転覆しなくても、たくさんの貧乏人がのし上がっていけば、それが革命になるだろうってことです。まずは人はどうでも良いから自分をなんとかしようってそれぞれやって、百人に一人でものし上がれば、日本の富裕層の半分以上は、ついこの前まで貧乏人だった人間になるじゃないですか? そんな勢いついたなら、裕福な家のぼっちゃんお嬢さんが落ちぶれる可能性も高まると思いますよ。それが革命だってことです。うまくいくと気分がいいもんです、個人的革命。



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿