人命はあなたの株価より重い(拝啓 投資家様)

2020年03月31日
0
0
株式投資
スクリーンショット 2020-03-29 11.33.49


以前空売りはしないという話を書きました。下がるから売るというのはそれはマネーゲームとして自然と言えば自然ですが、でも一旦空売すれば下がって欲しいという気持ちがないと言えば嘘になります。そのためにはコロナは簡単に収束して欲しくないと、そうならざるをえません。わたしはそうは思いたくない。

実は空売りをするしないではカミさんの意見を聞きました。かみさんにはこう話しました。儲かる確率は高いとは思うけどコロナで人々が苦しむほど儲かる構図になると。かみさんは即答で止めたほうが良いという意見でした。そうまでして儲けなくて良いとわたしと同じ意見でした。

逆の話もあります。今持ち株が低迷して株価が戻って欲しいと強く願う投資家はとても多いと思います。コロナの特効薬はまだ市場にありません。今は経済活動と人の動きを止めているからこそ、感染者数の増加が今程度で抑えられていると見るべきだと思います。いずれいつ人の動きと経済活動を再開するのかという話になるかと思います。株価上昇の期待が膨らみます。

その時に我々投資家たちが、人類の一員として忘れてはいけないのは、人命は株価よりも重いということです。そんなの当たり前ですがしばしば自分の財布が一番心配になるのが投資家という存在です。拙速に経済を元に戻してはまた感染がぶり返すことがあってはなりません。たとえ停滞が長期化しようと慎重に進めるべきとわたしはそう思います。また自国のことだけ考えるのではなく、世界的見地から収束を確認するべきだとわたしは思います。先進国が自国の経済ばかりを考えたらアジアアフリカで危機的な状況が生まれるかもしれません。

お前はポジションがないからそういう気楽なことが言えるんだという人もいるかと思います。そこにアベノミクスの安易な儲け話に乗ってこなかったわたしの姿があります。この10年ほどで資産を大きく増やした人は多いと思います。億り人もずいぶん増えたでしょう。実力もあったでしょうが、大きくは地合いのおかげです。わたしはそれをあえて捨ててきたわけですので、その上での発言と考えれば理不尽なものでもないと思います。

個人的には幸せな投資家になるためには、なるべく自分の儲けと世の中の自然な動きが整合しているほうが良いという漠然たる感覚がわたしにはあります。でもそれは人と同じで良いという意味でもありません。わたしだって損は嫌いです。わたしはここで何度も書いています。大切なのは人生観、価値観、金儲けはその下にあり、人生観の管理下にあるべきもの。人生観を歪めるような投資欲求は戒めるべきだとわたしは思っています。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿