野生の勘で株に勝てるか(副題 住友ゴムを買った) 

2020年03月28日
0
0
株式投資
15853591560.jpeg
株じゃないよタイヤ
DENLOP VEURO 304という新製品
7年ぶりのモデルチェンジでずいぶん宣伝しているんで買ってみた
レグノとかに比べるとずいぶん安い
それに加えてPAYPAYとかTポイントを購入代金の20%もくれる
PAYPAYてのはなんでこんなに気前がいいんだろう?
楽天とYAHOOはリタイアライフの友だ
最近AMAZONではあまり買わなくなった

タイヤはネットで買ってさらに格安交換店に持ち込むに限る。その場合に小技を使っている。タイヤを自宅に送るのでなく提携するタイヤ交換店に送ってもらうというサービスがある。その提携店を使うと交換工賃も安くしてくれる。そこで、タイヤ販売サイトで提携交換店を検索して、その店に直接電話して同じ値段で交換してくれと頼むのだ。だいたい気持ちよくイエスと言ってくれると思う。実際その値段でやっているんだから。その上でタイヤは別の最安店で購入して自宅に送ってもらう。数千円は安くできると思う。タイヤは新製品だし、そもそも今時、店は在庫を持たないので古いタイヤが来るととか保管状況がとか心配する必要はない。安いとこで買ってまず問題ない。

15853600660.jpeg

野生の勘で株に勝てるか? わたしはありだと思っている。

那須にツバメが飛来するのは毎年GWあたりである。ところが今年は暖冬ということで3月にやってきている。一ヶ月半も早い。このツバメがどこから来たか?たぶんフィリピンとかインドネシアだろうけど、あっちにいてなんで日本は暖冬だとわかったんだろう? まさかネットでググったとは思えない。ひょっとしてとインドネシアの気温を調べると特段気温が高いわけでもないように見える。いずれにせよ飛んできて寒ければ命にかかわるわけで、そんな簡単に日本は暖かいと決められないはずなのに、どういうわけかツバメは暖冬を知ってやってくる。それも去年巣立った同じ鳥が同じ巣にやってくる。これがいわゆる野生の勘というものだ。それで不思議なことに野生の勘というのはほとんど間違えない。以前原野で吹雪の中、馬が自分のすみかに戻る話を書いたけど馬は絶対道に迷わないそうだ。

そういうことであるけど、さて、馬とかツバメにできることを人間がしても全然おかしくないとわたしは思う。むしろ太古には絶対あったはずだと思う。逆に家畜にはこのような勘が働くという話を聴いたことがない。つまり人間は家畜に近いのではないか?確かになんとなくそんな感じがする。サラリーマンは社畜と言う人もいるからね。子どもの頃から飼いならされて野生の勘なんて夢に思わなくなたのが今の人間じゃないかしら? 

わたしは勘で株で買っているかどうかはわからないけど、正直これだけ間違えないのは多少不思議に思っている。株でなく為替でも不動産でもそれからビジネスでも、まったく間違えないのである。ちなみにかみさん選びも間違えなかった。その他職業も含めて、人生の重要な選択はすべて間違えない。やはり勘が優れているってことかもしれない。野生の勘が素晴らしいのは、間違えないということである。

あなたは野生か?それとも家畜か? だいたい自分でわかるんじゃないかしら。自分で野生だと思うならその勘に従ってみるのも一興だろう。それでハズれれば? それは自分が野生かもという勘自体が外れてんだから、間抜けな家畜ということざんしょうね。それも一興どうかはわたしにはわからない。






関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿