暴落と株価収益率

2020年02月28日
0
0
株式投資
スクリーンショット 2020-02-24 9.34.24
たまに気が向くと家で般若心経を唱えたり
あるいは写経もやります
般若心経には人生の極意があるとわたしは思います

暴落でPER(株価収益率)的に割安感を感じる銘柄が増えたなどという話を見たり聞いたりします。それってどういうことなんでしょうか? 今回はコロナウィルス騒ぎで企業業績にも大きな影響があるのではという懸念で株価が下がっているわけです。コロナウィルス以前の昨年の決算利益でPERを計算すればそれは割安な計算になるのは当たり前です。有事とか事件などで株価ともども企業業績が大きな影響を受けることはありますが、こういう時にイベント前の古い決算数字から株価収益率を見て割安とか割高とは判断できないと思うのですけど。

わたしは投資をする際には株価収益率というのは非常に気にします。企業の底力とも言えるわけで利益体質が強い会社はやはり下落も底堅く上昇も力強い。一方人気とか将来への期待とか、いわゆる人の思惑で株価が形成されている場合は、ちょっとしたことで大きく株価が壊れる。トヨタとテスラみたいなもんです。わたしはトヨタは買ってもテスラは買わない。ただ株価収益率で見るのは平時でいわゆる銘柄選びの段階です。事件で大暴落したから株価収益率的にお得だと言えないし、それで実際赤字に一時的に転落しても、それで株価収益率的に割高な銘柄だとも言えないと思います。もちろん事件で暴落しているけど実は企業業績にそれほど影響はないと見えている場合もあります。そうであればいわゆる連れ安ですから株価収益率的に割安だと買う手はあります。要は株価と収益性をはかるその期間を意識しないとミスリードするんじゃないかということです。

また業界が違えば株価収益率も変わりますし、株価収益率の変化度合いも変わってきます。違う業界で株価収益率を比較してもだめだと思います。例えば今後成長が見込める業界がある。企業ごと優勝劣敗はあるにせよ業界は伸びていくのは間違いない。一方今後はっきりとそれほど伸びていかないと言える業界もある。であれば今後伸びる業界では期待が折り込まれて、伸びない業界の平均より、株価収益率が割高になるのは当然だろうなって、わたしは思います。逆にその分人気で乱高下しやすいわけです。

自動車業界は2年後3年後の企業の利益を予想することが可能な業界です。あまりない業界です。一年後にどうなってるか見当もつかない業界だって多いです。車というのは発売の1年前、いや2年前にはどんな車が出てくるかほぼ決まっています。でないと生産や評価など間に合わない。どんなシステムがどこのサプライヤーから供給されるかが決まっている。それでどの車がどの程度売れるかも、だいたい決まっている。もちろん売れ行きは関係ありますけど生産キャパの問題もあるし、売れなきゃテコ入れもする。マイチェンもする。部品レベルで見ると将来の売り上げの予測はあまり外れない業界なんです。

会社の業績が大きく変化するのを早めに知ることができる場合に、つまり未来の企業業績を予測して、それで現在の株価で株価収益率を計算するのはこれはありです。ボッシュなんてわたしが買い出した時には赤字で倒産するんじゃないかという声もあったけど、実は黒字転換どころか増益はもう見えていたわけで、そういう会社が株価10倍とかなるわけです。

そういうことで株価が今なら、現在または未来のその会社の決算数字をわたしは見るということです。
じゃあ過去は意味がないのかと言うと、そうでもありません。まずその会社の自力を見るという点で意味があります。まず平時を把握しないと変化を見ることができません。これが企業ごとの株価の値頃感を自分として養うことができます。そこから変化するなら、、どうなるか? という視点です。

株価収益率が低く放置されている会社は四季報でもたぐればたくさん見つかるでしょう。でもそれは過去の数字を誰もが見てそうなって今の株価があるわけです。そうなっている理由がわかってそれが解消される見込みがあるなら、買う手はあるとは思います。例えばトヨタがかつて大きく売り込まれたのはブレーキのスキャンダルがあった時です。あの坊ちゃん社長が健気に公聴会まで出張った。いずれ解消されるのはもう見えていた。実際リーマンショックとダブりましたけどその通りになりました。
ただ株価収益率的に割安だという程度ではわたしには買う理由になりませんということです。

わたしが上に書いたようなことって、これは自分で考えたことなんですけど、株の本とか雑誌とか読んだら書いてありますか? わたしはそういう系統の本は全く読まないので知らないのですが。ネットで見たり直接話しても知らない個人投資家があまりも多いのが不思議です。書いてないのか書いてあっても読めないのか? そういう意味ではこのブログも同じか。


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿