総合課税と分離課税選択に注意

2020年02月26日
2
0
マネーと生活
20200225135017bb4.jpeg


202002251350176ba.jpeg
最寄駅はいろんな種類のレストランがあるけど
最近夫婦で洋食屋巡りがブーム
今日は界隈で老舗の洋食屋で
これでコーヒーもついて九百円
こつは13時過ぎに入店してゆっくりとランチタイムである

夫婦の会話がないという人生相談をラジオで聞いた
結局夫婦で一緒にやることがあまりないからだと思う
我が家みたいに
グルメ、旅行、ハイキング、ゴルフ、スキーなどスポーツ全般、そのた遊び諸々
なんでも一緒にやっていれば会話が途切れることなどないね
話が具体的だからどんどん続く

最近の共通の話題と言えば、、、

ようやく確定申告がまとまった。まだ提出はしないけどだいたい終わりである。今回は医療費の控除が大きくあって、インプラントで100万円以上使っている。その控除分を使うために。すでに金融機関で利子とか配当に源泉分離課税をされている税金を総合課税に組み込んで申告しなおした。なんだかんだで数十万円が還付される。還付金でiphoneとかパソコンとか買えそうなんだけど、実は気持ちはAndroidに傾いている。3万円。ipad11 proだと13万円とか。でも写真を撮ってLINEをするくらいならそんな大金払う必要ないと思う。

この総合課税と分離課税について以前税務署に問いあわせした時に税務署員でも間違えていたけど、どちらかをその年に選択する。選択と言っても源泉徴収されているわけで、そのままにしておいたら源泉徴収を選択しましたってことに税務署に決めつけられる。それは申告が終わってから、あ、間違えた、こっちの方が有利だから申告し直すというのは税務署は認めない。遡って税金を取っても、遡って税金を返すなど基本やらないのである。認めるのは明らかに数字が間違っていた時だけである。どっちが有利かはその時々で変わるので調べて慎重にやるということであるが、リタイアして収入が年金などだけとなってくれば総合課税の方が有利になることが多いかなと思う。

わたしの昨年度の収入は
企業年金>配当利子>不動産>労働
という順番であった

現役時代は
労働>株>不動産>配当
とか
株>労働>不動産>配当とか
いずれにせよ労働が上位にいたけど
今は労働は最下位で
なくてもいいくらい

労働がまた上位に来ることは考えられない
ただ最下位でこそ続けたいなって思っている
楽で楽しい仕事って本当にいいね


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

しこたまやま  

そうです。

実は、退職年に再就職しなかったりすると退職所得も申告すると戻ってくる場合があります。今は、ネットで申告なんで、入力してみると簡単にわかります。税務署に聞いても教えてくれない場合があります。なにせ申告なんで。

2020/03/01 (Sun) 19:14
ハルトモ

ハルトモ  

To しこたまやまさん

おーしこたまさん、なんか美味しいもの食べているようですね。
税務署は本当に親身じゃないしむしろアンフェアだと思います。判断基準が公正より税収の増減なんですよね。

2020/03/02 (Mon) 06:55

コメント投稿