相場で勝ち続けたと言える期間は

2020年01月18日
0
0
株式投資
20200114103946bf2.jpeg
4日続けてスキー
加えてゴルフやバイト
我ながら元気だ
さいたまと往復も高速は使わない
お金と言うより早く着きたいと思わない
体は疲れ知らずだ


労働をする代わりにトレードで日銭を稼げるのはとても楽チンそうで羨ましいとはわたしは思わない。なぜならおいしい会社に勤めれば給料というのを楽しくサボりながらうまいこと安定して貰えるという手があるからだ。あちこち旅行(出張)もいけるし、会社の金で遊ぶことも可能だ。おいしい会社で人間関係を含めて楽しい環境を作ってしまえばこっちのもんである。

確かに給料からの天引きは大きいけど、フリンジベネフィットと言って給料以外の実入も大きい。出張旅費及び手当というのは給料と別に口座に振り込まれて課税対象にならない。わたしはよく自分の車で栃木に出張した。車だと1キロ走るたびに40円ほど手当が出る。300キロほど走ると12000円だがガソリン代は4000円ほどなんでまず8000円浮く。それから宿泊はゴルフ場のロッジによく泊まった。一泊3000円とか。宿泊手当は1万円なんで7000円浮く。ビジネスホテルも泊まったがそれでも数千円は浮く。さらに宿泊日当手当が一泊2日で8000円ほど出る。ということで一泊2日をすると二万数千円が浮くわけだ。

わたしは上級管理職で労働時間に定めがない年棒制だったので午前中顧客と打ち合わせして
午後からとか午後遅くとかからゴルフをするのは全く問題ない。打ち合わせをしてそれからゴルフなんてのはよくやった。なんなら有給休暇を取っても良い。有給休暇は毎年全部使い切っていた。ちなみに夏休みは毎年三週間、冬休みも2週間休んでた。

海外出張もやたら多い。世界各地に出張に行くとチームビルディングと言っていわゆる現地法人の連中が観光ツアーを企画してくれる。会議も各地持ち回りで決めて、オーストリアのスキーリゾートで会議をしたこともあるし、マイアミのリゾートホテルで会議したこともある。もちろん会議は会議でちゃんとやるんだけどね。よくそんな承認が下りるなと思うかもしれないけど、実は大都市のオフィス街で会議をするよりトータルコストは安くあがるんである。中国のチームビルディングなんてチベット近くの奥地まで行ったけど、上海のホテルでみんな泊まるより全然安いのである。

マイルもよくたまった。たまったマイルで毎年のように家族でハワイに行っていた。それもビジネスクラス。ホテルもポイントが貯まるのでけっこうタダで泊まった。新宿の東京ヒルトンは会社契約で一泊10000円で泊まれた。ルームチャージで1万円。プライベートで使っても良いという契約だったので、家族で時々泊まっていた。たくさん泊まるのでゴールドメンバーになっていてエクゼクティブフロアにアップグレードされて朝食も無料になる。夕方のシャンパンも無料。フィットネスからプールも無料。それも家族で。ピーク料金なんてなくていつでも家族で泊まって1万円だった。

給料はもちろんそれなりに出ていた。表面上はそこらの大企業の部長なみである。だけどそれとは別に特別ボーナスが出たりその他いろんな制度があって、それらは本部長クラスにならないと出ないけど、その存在は一般社員には公開されていなかった。昇進した時に一般社員に言うなと固く口止めされた。まあ上で美味しい思いをしている会社であった。その会社も年金制度は全社員に太っ腹で一生涯給付が続く。それも退職直後から。わたしは54歳から貰い続けている。

ということで良いことだけ書いたけど、まあ多少嫌なことはあったりもしたが、総じてとても楽しいサラリーマン生活であった。楽しい限りはずっといてもよかったが、多少会社の風向きも変わったし、それに違うこともしたかったのであっさりと自己都合で退職した。でも年金が一生涯出ることを考えて、これを相場でやろうとしたら、一体どれくらい勝ち続けないといけないのだろう? ざっと70年くらい相場で勝ち続けないといけないんじゃないかしら? それも相当の金額を。

相場が怖いのは20年30年勝ち続けても、10年分とかを一度に失うがあることだ。特に長く勝ち続けた人間ほど怪我が大きい。それに相場で勝ち続けるのは年金や家賃をもらうほど簡単じゃない。相当のリスクとストレスを抱える。サラリーマンなら給料を40年貰い続けて最後に大損じゃなくて年金や退職金を貰える。わたしは相場では勝ち続けたと言えるのは最低20年からかなと思っている。知っているプロが20年くらいだから。本当は40年でサラリーマン並みだけど、それだとほとんどいなくなっちゃう。わたしは相場では20年ほどで無敗だから一応勝ち続けてそれで勝ち逃げだ。相場で若いうちから儲けることでサラリーマンをますます楽しくした気がする。いわゆるシナジー効果というやつだ。

よく会社が嫌で嫌で株で儲けて会社を辞めたいとか言う人がいるけど、(実際辞められないけど)、辞めて楽しいという保証などないし、わたしみたいにどっちもエンジョイしてどっちでも十分稼げばもっといんじゃないかなて思います。相場で儲けるのは難易度は高いから、まず会社で楽しくやることを考えたらいいんじゃないでしょうか? 株で儲けるなんてのはそれができる人がやることかもしれませんよ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿