<不動産登記>司法書士が教えてくれないこと

2019年12月25日
1
0
リゾートライフのコツ
20191225144527fbe.jpeg

2019122514435190c.jpeg
クリスマスイブは夫婦で自宅近くの洋食屋へ
安くて美味しくて静かなクリスマス

普通のサラリーマンが一生の間に家を売り買いする回数は多くが一回か二回くらいではないだろうか?
そんな頻繁にするものではない。家を相続するということもあってせいぜい一回くらい。だからそういう時はプロに任せれば安心だ、と多くの人が安易に考える。実際何が不安で心配だかわかってもいない。ただなんかいろいろ面倒くさいんじゃないかな?とそれも勝手に思うだけ。

割とありがちな例をあげてみよう。今いる自宅をなんらかの理由で売ることにした。売りに出すにあたり先に引っ越してしまう、というケースはよくあることである。わたしの友人も先日家族である地方から首都圏に引っ越してきた。年寄りの面倒も見終わったので子供の進学のこととか仕事のこととか考えてこっちに来たそうである。ひとまず賃貸に入ってよい物件があれば買いたいとも考えている。田舎の家はどうするのか?と聞くと売りに出しているそうである。

さてめでたくこの家が売れたとしよう。契約日には不動産屋が呼んだ司法書士が当然のように座っている。事前に印鑑証明や住民票など用意するように言われたものを差し出すと手続きで15000円かかりますとか言われて、プロの言うことだからとハイと渡してそれで終わる。実際不動産の所有権移転登記に関わる費用は買主負担である。なぜ売主が司法書士から請求されるのか?

これはどういう費用かと言うと登記上の住所変更を司法書士に委託した手間賃である。家を売るときには登記上の住所と住民票の住所が一致していないといけない。住民票をいくら移しても登記には反映されない。住民票を持って法務局で住所変更手続きをしないといけない。そこまでは売主の責任なんである。

ところが住所変更なんて簡単で自分でやればこの15000円はほとんどかからない。家が売れたと決まったなら、それから手続きをすれば十分間に合うのである。なんなら待たせれば良い。郵送でもできる。だが連絡があるのは必要な書類を用意してくれということだけ。自分でやれば安いですよなどと誰も教えてくれない。そんなことしたら司法書士は商売あがったりである。不動産屋も教えてくれない。自分にメリットもないし司法書士との関係も悪くしたくない。

不動産投資をする人間で実際賃貸に出しながら自分自身も自宅を引っ越したりすることはよくある話である。その場合にも登記上の住所変更をやっていないと売るときに司法書士から住所移転の手間賃を請求される。

よく考えないといけない。不動産投資をする人間で不動産屋とか業者をなるべく儲けさせないように目を光らせる人間がわりといる。油断するといろんなものを請求されると警戒する。だが業者から見ると口うるさいばかりで儲からない人間をなんとか応援したいなどとは決して思わない。賃貸付するときに後回しにされるのはそういう投資家だ。では司法書士の仕事を取り上げて自分でやったら、さて司法書士からなにか仕返しされる心配はあるだろうか?別に何も起きない。だが不動産屋とか業者には口煩く言う人間でも登記については言われるままに請求に応じたりする。やるべきことが逆なんである。

業者はできる範囲で儲けさせたほうが商売うまく回る。もちろん限度もあるし自分の才覚もある。ぎゅうーぎゅうーと自分が目一杯ではそんな余裕も生まれないだろう。そういう場合どんどん悪いサイクルに入っていくことも多いと思う。もともと余裕のない金策で投資をするとなにかとせちがらくなる。わたしみたいに株で儲けた金で主要駅そばの70平米以上のブランドマンションを買っておけば、まず賃借人がはいらないんてこともないのだし借金もないのだからなにかと鷹揚にしていられる。そうすると業者も良くしてくれるというサイクルである。

不動産登記は所有権移転でも自分でできる。法務局のHPに詳しくやり方が書いてあるし行けばとても丁寧に教えてくれる。一度やればだいたいわかる。我が家はすでに3回自分での登記をやっている。これがローンを組むとなると話は違ってくる。抵当権設定上間違いを恐れて銀行がイエスと言わないらしい。現金で買えないといろいろせちがらくコストもかかるというわけだ。どこの世界も金がある人間が有利にできているというわけだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 1

There are no comments yet.

金田勘十郎  

私も住所変更登記は自分で行いました。本日の記事を拝読しますと、所有権移転登記も自分で行えば、お金を節約できて、勉強にもなりましたね。1つ機会を逃しました!

2019/12/25 (Wed) 17:12

コメント投稿