買い煽り(売り煽り)というビジネスモデル

2019年11月23日
0
0
株式投資
20191120180010cd9.jpeg

株ブログで、うまいこと自分の信者を作って、教祖こと自らが送った情報に基づいて信者が株取引をするのであれば、これは売り逃げ(買い逃げ)は可能だとは思う。あらかじめ自分が仕込んだ株を信者に紹介すれば良いのである。信者が儲かればそれも良い。さらに信者が集まる。また信者はもっと金を出す。それでグチャグチャやって、どこかで行き詰まればブログを消去すればそれで終わり。

どうせネットは匿名だからまたどこかでサイトを立ち上げる。それを繰り返せばそれなりに儲かる。かぼちゃの馬車ではないけど世の中にはカモはいくらでもいる。これだけで食っていけると思う人間がいても少しも不思議ではない。儲かるならやるという人間は必ずいる。

こんなことをして倫理的にどうのと言う前に、法的に問題はないのか? どうやらグレーゾンはあるけど、ポイントを押さえてやればうまく逃れることができるようだ。過去に慎重でない人間が摘発されて有罪になってるけどそのパターンをうまく避ければよい。嘘を広くばらまかないことである。そのポイントを押さえてうまく自分を信じさせれば良いのである。

買い煽りと言うとかなり下品でオラオラというイメージがあるけど、実際はもっと巧妙である。何と言っても信者を作らないといけない。そこには慈悲とか愛とか連帯感とか、あらゆる手練手管を使う。ネットなんてどうせ嘘でもなんでも良いのである。適当なプロフィールを書けば済むこと。危うくなれば消すだけだ。

こういう話を書くと騙すほうが主役に聞こえるけど、それは違うような気がする。主役は常に騙されるほうである。騙される人間がいるからこその騙す人間である。きっと騙される人間がこの世からいなくならない以上それを利用する人間はいつづけるんだろう。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿