賃貸と持ち家

2019年11月08日
0
0
マネーと生活
20191028132811525.jpeg

この話は自分も何度か書いている。書くたびにいろんな視点を入れるようにしている。この話題についてさまざまな意見がネットにあるけど、どっちが得かっていう視点で書かれたものが圧倒的に多いという印象ですね。わたしの意見はどっちが得かもあるだろうけど、どっちが快適かという視点が一番大切だということ。そうなると持ち家に軍配が上がることが多いとわたしは思いますね。多いっていう言い方するのは結局その人次第だからだけど。

その上で何が快適かというと、例えばマンションでもまず作りがしっかりして防音性が高いのは分譲マンションなんて話もあるけど、けっこう重要なのは人間関係。分譲マンションの住人の方がだいたい礼儀正しくて常識ある行動をとる。賃貸だとどうせすぐ出ていくんだから、という気持ちになりやすい。実際そうだから。そうなると我慢が効かなくなって言いたいことを言ってしまうとか、感情的になるとか、わだかまりが出来やすいとか分譲より多いと思う。子育てする環境も分譲の方が概ね良い。子育てに理解を示す住人が多いのは分譲マンションじゃないかな? 

こんなこと書くと賃貸派を馬鹿にしてんのかって言われそうだけど、まあそう思う人からはそう思われても良い。だって賃貸だってまともな人がたくさんいるなんて当たり前の話で、それをこんな場末のブログで念のために注釈なんて入れる気にならない。基本なんでも、わたしはそうい注釈入れないから、例えば株の話でも、儲からん人間を馬鹿にしているとか、あるいはサラリーマンそのものを馬鹿にしているとか、パッと読んでそう思う人はきっと多い。どう思うのもご自由にってことです。わたし自身は人よりその行動を指してんだけどね。

ネットの賃貸派っていますよ。ネットで人を罵ったり誹謗中傷する人間てのは概ね匿名性を背景にしている。それで10年とかまず続かない。長年同じ名前で続いているブログってのはそれなりの物腰のものばかりです。一番程度が低いのはコメント欄とか、どこの誰だかわからないから書けるってのが蔓延している。どこかにいつでも引っ越す。だからネットでも賃貸派。わたしはネットでも持ち家ですし持ち家の人とのやりとりの方がコミュニケーションの質が高いと感じることが多いですね。

自宅の話に戻すと、賃貸の方が良いと言っている人間で、家を持っている人はほとんどいない。仮にいても家を買ったことを後悔するってことにはあまりならない。貸せば家賃が入るから。一方持ち家の人で賃貸の経験がないって人も少ない。だいたいは賃貸から持ち家に移る。だから持ち家の人に聞いた方が良いってことじゃないかな? 結婚だって、一生独身じゃなんだかわからない。成功するにしても失敗するにしても一度はしてみないとって気はする。もちろん何を言おうが自由なんだろうけど。

わたしの場合は戸建てで注文住宅に住んでいる。分譲マンションとか建て売りと違って、自分でラフな図面を書いてこんな家にしたいって、それこそ夫婦で娘の意見も聞いて、設計士と話しながら決めたから、それは快適ですよ。これは賃貸では得られないと思う。もちろん失敗したなって点もいくつかあるけど、それもご愛嬌というレベルです。それで気に食わない点とかいずれリフォームしようとかも思っている。自分のものなんだから自由にできる。賃貸はどんな細かな変更でも大家に勝手にはできない。その差は気分を含めて大きいとわたしは思う

もっともその家の自由を得るために、一生宮仕で不自由なサラリーマンってのはこれはまた別の話なんで、そこはよく考えた方がいいってのはこれはこれで何度も書いていること。まあバランスってことかな?

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿