1000万円浮いたから、、、

2019年09月14日
2
0
マネーと生活

2019081300022607a.jpeg


ある専業相場師、不調で随分と負けがこんできて、このままだとコンビニで働くしかないなとか、店員に身を落とすみたいな言い方してるのね。わたしはその人が労働するのはとても良いことだと思うけど、引っかかるのは言い方に相場の専業の方がコンビニの店員より社会的に上だと思っている節があるってこと。社会的立場なんて興味がないわたしだけど、敢えて言うならコンビニ店員のほうが世間的には社会的立場上じゃないかしら? 


だってもともとそんな稼いでいる専業じゃないわけでせいぜいバイトしても稼げる程度の人みたいなんだけど、であるなら、毎月必ず負けることがなくお金が入っている確実さはコンビニ店員だよね。コンビニの店員でもローンは組めるかもしれないと思うけど、相場の専業じゃあローン審査は通らないだろう。まあ現金で買えばいいんだけど、それだけの人間なら負けが込んでコンビニで働くかなんてセリフ出てこないよね。


数年前にローンで家を買った人がいて、その時にいろいろ考えて本当はもう少し大きい間取りが欲しかったんだけど、結局小さめのを選んでそれで500万円くらい安いものを買ったそうだ。その後住んでみて小さなものでまったく問題がなかったから良かったとか言うのはそれでいいのだけど、500万円のローンは実際支払総額で1000万円になるから、一千万円浮いた! その一千万円を何に使おうかって考えてるのね。どこからそういう理屈が出てくるんか? 本人にしてみれば500万円高い物件を買っても十分返せて資金繰りに問題なかったわけで、それが減ったんだから浮いたってことらしい。でもそれって借金の話だよね。


それでそんでいろいろ考えて、無駄遣いは禁物(そこが笑える)500万円くらいのワンルームマンションの中古を検討しようかだって。もちろんそれもローンで買うのだけど、理屈はもともと買おうと思っていた物件と同じ予算で同じ支払で、そんで物件が一軒増えて家賃が入ってくるだけ儲かったっていうことなのね。世の中にはまったく呆れる理屈を言う人がいると感心する。ちとわたしでは思いつかない。そういう意味でいろんな人の話を聞いたり、ネットでブログやコメントを読んで自分と違う思考を仕入れるというのは、これは意味がある。学んでいるという実感がある。


例えば現金で株を買った。1000万円で買ったものを2000万円以上で売った。税金引いても手元の金が1000万円増えた。あるいは賃貸に出しているマンションを売ったら買値より高く売れた。買う前より納税しても1000万円以上お金が増えている。こういうのが、1000万円浮いた、1000万円儲かったというお金にしかわたしには思えない。わたしの頭が固いってことかね?




関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

key  

No title

こんばんは。500万ケチって小さいところで満足でした。に対して相容れないわ、って思っている点で一般受けしないんでしょうね。
ケチな話ですねえ。w)

2019/09/14 (Sat) 20:55
ハルトモ

ハルトモ  

Re: No title

儲けたからと言うより、こういう生活をしているとだんだん話が合わなくなりますよね。

2019/09/15 (Sun) 08:57

コメント投稿