なぜ幼い命を救えないのか?

2019年09月02日
2
0
児童養護施設のこと
201909021954330aa.jpeg

鹿児島でまた痛ましい事件が起きた。4歳の女の子はいくつかの兆候が見られたにも関わらず保護されることなしに殺害を許してしまった。報道を見たほとんどの人間がなんでさっさと保護できないのか?さぼってんのか? 見立てがいい加減なのかと感じるだろう。まあそういう面もなくはないが、一番大きな理由は別にある。児童養護の現場に行けば虐待は疑われる事案はやまほどある。最近は政府の方針もあって保護を積極的に進めているので保護件数は数倍に膨れ上がっている。その結果何が起きるか?

実は児童養護の現場で最もストレスフルな仕事は対子どもではない。親との接触である。保護される子どもの親はほとんどろくでもない人間である。自分のことを棚に上げて言いたい放題、恫喝など当たり前。一方それに応じるのは公務員でどちらかと言うと大人しい人間が多い。子どもを一旦保護すればこれはほぼ100%の確率で親と折衝せねばならない。そのケースは数倍に膨れ上がり現場のキャパを超えている。一方死にいたる事例はそれはあれば大きく報道されるが、では危ないと怪しいのを全部保護していたら現場は物心共に回らないのである。

児童養護の現場にいる人間は線が細くて到底理不尽な輩との折衝に耐えられない。わたしの提案は、わけのわからない親との交渉を担当する部署を民間から登用して新設すること。民間でカスタマーサービスを担当してしていた熟練のクレーマーあしらいを採用するのだ。結果現場はストレスフルな仕事から解放されて思う存分子ども中心の視点で保護を行うことができる。

保護の際に弁護士を帯同させるケースがあるがそれは法律の専門家というより、親に怯まないタフガイだという意味合いが大きい。相手は法律論など通じないバカばかりである。だが弁護士がいつまでも親の相手をしてくれるわけではないし数も限られている。ということでわたしの案である。良い案だと思うけどなあ。


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

金田勘十郎  

大賛成です

正に御指摘のとおりです。そのような人材登用が行われることを期待します。

2019/09/02 (Mon) 20:13

ハルトモ  

Re: 大賛成です

個人的には子どもを虐待して死に至らしめた場合は、強盗殺人なみの重罰に処して欲しいですね。

2019/09/02 (Mon) 21:13

コメント投稿