新車8台中古車2台

2019年07月04日
0
自動車、購入インプレ


災害は困るけど基本雨は自然の恵みである。子どもの頃から雨は好きである。雨音を聞きながらまさ降りしきる雨を見る。何を考えているというわけでもなくそれでも何か思うものがある。

不動産売買の契約と登記の手間は、それが個人間取引であろうと金額が少なかろうが、やる手間は全く同じである。多くの人が不動産業者と司法書士に金を払って頼むことを自分一人でやるわけだから大変に決まっている。

だがこの時代は調べようはいくらでもあるし、要は決まった通りにやれば良いことであるので手間だというだけで難易度は低い。それでけっこうな節約になるし、そんで勉強にもなる。これからはある程度自分でできると思う。そんなに機会はないか。

勉強になると言えば旅の準備も随分と勉強になる。利尻と礼文は何が違うか? 結構違うということを行く気になって調べるから始めてわかる。もっともツアーでお任せではあかんと思うけど。最初は利尻だけ行けば良いかなくらいに思っていた。今は礼文の方が楽しみなくらいである。



カミさんの新車の仕様はほとんどわたしが決めたのだけど実はまだカミさんが迷っている。問題は色である。どれでも良いが、このどれも良いというのが一番難しい。でも何かに決めるんだと思う。今まで乗ったことがない色が良いというので私も楽しみだ。白と黒とシルバー以外ということである。

色と言えばリゾートマンションの絨毯の色も随分と迷った。汚れの目立たない色合いを最初考えていたけど、結局明るいグリーンにした。リゾートらしい爽やかな色である。車の色と一緒でワクワクするようなものが最近好みである。無難はつまらない。

車も買っているしマンションも買っているし旅行も頻繁に行く。金はどうなっているんだろうとか、どこから捻出するとか段取りは考えない。娘が社会人になってるからお金が減らなくなっているんだろうと思う。だが実際のところよくわからない。数えていないからである。いくら金を数えても増えないという言い回しがあったけど、あれは誰の言葉だったかな。金の絶対量より金の心配をしなくて良いというのが経済的な豊かさの証だと思う。いくら贅沢をしていてもお金のことを考えている時間が長いのは豊かとは言いにくい気がする。

Mazda3でこの20数年で買った車はちょうど10台目になる。うち中古車は2台、新車新古車は8台。中古は選挙区を回るために買ったシルフィーと今のフォーカス、結局中古車は2台とも一年で手放す。車は中古車の方が得かなと思う気持ちもあるけど、だいたい新車を買っている。欲しいものが新車だということである。まあ新車の方が気分がいい。家も自分が住む家は二軒とも新築を買っている。同じく新築の方が氣分が良い。リゾマンは中古を買ったけどこれは仕方ない。那須に新築のマンショんは売っていない。家は綺麗にすれば中古でも気分は良い。人には中古を買うべしという割には自分は新しいのをパンパン買うのは、それは私が奴隷じゃないからである。奴隷は中古を買うべきだろう。奴隷と市民の差はとてつもなく大きいが自分で自分が奴隷とわからない人が一番多いというのだから滑稽である。







関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿