変人ではつまらない

2019年06月23日
0
人生の考え方
よく一度贅沢を覚えると生活レベルを落とせないとか言う。私が生きてきた実感としては多少そういう傾向はあるけど、本質はちと違うなって特にここ数年は強く思う。
自分の暮らしにどこかで無理があって真ん丸じゃない状態だと生活レベルを落とすのが凄く苦痛に感じるじゃないかと思う。つまり贅沢がどこかガス抜きなっている。
いかなる状態でも自分で楽しむ極意を会得したら、何を食おうが何を身につけようが、そこは大した問題じゃないって思うようになる。問題じゃないというのは同じだという意味じゃなくって、どっちでも楽しいということ。
これは稼いだら見えてくる世界と言うものではない。世間を見ればわかる通り稼いでも稼いでもまだ稼ぎたい人間ばかりである。では稼がないことで見える世界と言うわけでもない。稼ぐ前からそうだと思っていて実際稼いだら思った通りだという世界である。
稼ぐ前からお金の価値とかまた空虚さもわかっていて、その割には悠々と全くの自己流で楽勝で稼いで、それで暮らし向きだけ稼げばそこでお終い。もちろんそんなケチケチ暮す気はない。どこぞの老後の試算とは桁違いではある。
全く見事なお金との関わり合いだと我ながら自慢でなく素直に感心する。自分で強くそう思わなくて自然とそうなってそれで思った通りという話。
この日本に私のような人間が何人いる? 変わっているとかいうレベルではないことは間違いないだろう。実際私は変人とか変わっているとか言われたことがないからね。絶対おかしいとか間違ってると言われてきた。
だけど間違えでこうなるわけないだろう。きっと変わりすぎていて誰もわからないのかな。それどころか、自分でもわからない。自分ではまともで論理的な判断と行動だとずっと思ってやってきた。人と違うことを好む傾向はあるけどそんな強くは思わない。むしろ自分で思考の伽藍を一から構成したいという気持ちが強いね。変わっているというのは結果に過ぎない。まあ
変わってるんじゃなくておかしいと言われてきたんだけど。
手短に言うなら思うように生きる、それだけである。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿