生活に多少変化

2019年05月23日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ


那須のホームコースで二日連続夫婦でラウンド、池とバンカーが多いコースでかみさんは大叩きが出てしまい二日間とも100ちょっと。わたしは84、82とまあまあで最後のハーフでようやく30台が出た。最近は80台の前半が一番多いスコアである。




那須はステーキと蕎麦が知られるグルメだけどイタリアンもなかなかである。

乗馬クラブでのアルバイトは辞めることにした。理由はふたつ、競走馬の預託に特化して乗馬をやらない方向となったこと、さらに少ないとはいえ給料をまともに払わないということ。この二つである。残念と言えば残念ではあるが、これでは行く意味がない。

乗馬クラブの社長と最後に話したのは傑作だった。社長と言っても30歳の若者。ただ中卒で厩務員から叩き上げ15年の男で、多少いい加減な点はあっても根性はあるのかなと推測はしていたが話したことはなかった。わたしがLINEのグループトークに給料まともに払えと書いたら、その社長から電話があって、そして言われた。自分はちゃんと給料を渡している、と。

つまり社長が社員にわたしの給料を預けて、それで社員がたぶん金がないかで滞っているのだが、悪いのは部下の社員で自分は悪くないと社長は言いたいわけだ。まあこういう手合いと話す意味はないので、なるほどと言って早々に電話を終えた。多少のいい加減さではなく筋金入りのいい加減さということか。もっともわたしが辞めるのとは別に関係ない話ではある。社長の人格でアルバイト先を決めるわけではない。

最近はもっぱら乗馬は控えていた。乗馬撤退で乗馬の馬はほっぽらかしで調教もしていないし運動もさせていないのでいきなり乗ると危ないからである。ただわたしが辞めることを聞いて、関係する人間からまた乗馬のイベントなどあったら声をかけるからよろしくとのことであった。

生活に多少の変化と書いたが、そんなには変わらない。臨機応変楽しく暮らせばそれで良いことである。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿