新クラブをテストラウンド

2019年04月02日
0
0
リゾートゴルフ&スキー


プロギアのRS2016のドライバーを買ったんだけど、ディアマナのBF50というシャフトが入っている。重さは58グラム、TOUR ADのMJ6は62グラムだからそんな大きな差はない。ほぼ60グラムのシャフトに近い感覚。以前の青マナのように叩きにいけるし青マナほどしんどくなく振り切れる。たぶんわたしにはピッタシのシャフトだったようで、コースでは吹け上がらず強弾道で飛んでいく。納得の手応えである。今のテーラーメイドM2が吹け上がり気味だったので文句なエースドライバーになる。

ラウンド前にRS2018とRSーF2018の測定試打を量販店で行なった。このドライバーにはメーカー純正でディアマナFORプロギアが入っていて青マナを彷彿させる。スペックも近いのだがいざわたしが振ると先端が暴れて打点が定まらない。やはり金を出してBF50をつけないとだめであろう。ヘッドとしてはRS2018は2016とほとんど距離差はない感触であった。慌てて買わなくてもしばらく2016で行こうと思う。

アイアンは方向性が非常に出しやすい。やはり換えて正解であった。M46というシャフトはなかなかすぐれものである。5番から7番くらいまで操作が楽でショートアイアンはDGのようにしっかりと打っていける。これも違和感なしである。多少戸惑っているのがFWとユーティリティ。いいショットも出たけど当たり損ねも出た。今後練習が必要かな。ラウンドそのものは6ホール目くらいまで穏やか、その後猛烈な寒さと風でゴルフにならなかった。スコアは41、47で前半の貯金で逃げ切った。カミさんも100くらいではまとめる。かなり調子は上がっている。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿