卒業式

2019年03月24日
2
0
日々の雑感ーリタイアライフ


うちの娘はそれほど勉強が好きでない。さらに人より良い成績を取りたいというタイプでもない。それで高校進学の時に東京の私立高校にするか埼玉の公立高校にするかという話があって、それで娘とカミさんで私立高校をいくつか見に行ってそれである私立が気に入ってそこににする気に娘はなっていたけど、私が反対して私立には行かせなかった。わたしが子どもの進路でとやかく言ったのはその一度くらいである。

埼玉は県内では学区がないので好きなところを選んで良い。カミさんが出た高校が良かったんだけど勉強不熱心で点数が足りない。そこ以外はそれほどの差はない。むしろ校風で選んだ方が良いと地味でまじめと評判の高校に入った。結果とても良かったと思っている。

私立に行けばそこでの良さがあるだろうけど、まず金がかかる。高校生でも短期海外留学とかもあってまたいろんな行事で金がいくらでもかかる。もちろんケチる気は無いけど勉強が好きでないと自分で言っているんだから金をかける意味はない。それと学校行事などいちいち親が参加を求められたりするのも煩わしい。子どもの学校活動に熱心な親と一緒に活動もしたくない。

わたしは会社でいろんな人間を見てきたけど、親が手間暇かけてたっぷりと良い教育を受けた人間が線が細くて外資系では通用しないという事例がけっこう多かった。知られた高校大学を出て一流会社に入って、そこでなんか挫折があって転職ってことで一応外資系では大手なんでそのコースで入ってくる人間がわりといたが、まずダメだったね。

教わったことはまじめにやるんだけど教わってないことはできない。整然と整備された環境なら良い仕事ができるけど、混沌した世界ではどうして良いかわからなくなる。その割にプライドが高い。まあ日本の会社で大人しくしがみついて生きていくにはそれでいいのかもしれないけど、これからはどうなんだろう?

わたしは子どもの学校生活とか将来についてそんな興味がない。自分のことだから自分で考えて自分で楽しめば良いと思う。もちろん人並みの応援はしてるけど、半分カミさんに付き合っているという感じである。

中学の時は部活の車の送迎で一度だけ試合を見に行った。高校の時は確か入学式も卒業式も行かなかった。あれって見ていて面白いかね? どうでも良いとは言わないけどまあ他に用事もあったので行かなかった。もちろんその他の行事に参加したこともない。

ただ学校の用事には行かないだけで家族で旅行とか遊びはたくさんしていたんで家のことはほっぽらかしというわけではない。仕事で頭が一杯という人間でもなかった。

大学はさすがに公立に行けとは言えない。受験科目のこともあるし、まず家から通える大学でないといけない。家から通えるならどこでも良いと思っていた。それでいくつか受かってそれで娘が好きなところに入った。大学の入学式は行かなかったが、次はあるなら結婚式だ、一応節目だから一緒に行こうとカミさんに誘われた。それで東京で美味しいものでも食べようと卒業式には出てみた。

わたしの友人知人でも子どもの教育についていろいろ悩んだりトラブルになっている人間は割といる。教育熱心もいいけど、あまりに子どもに期待しすぎで子どもに自分の夢まで載せちゃうというのはわたしの価値観にそぐわない。一人娘だから可愛いに決まっているがだからこそ子どもは子どもで自分の人生を歩めば良い。

そう接していたら特に問題もなくまあまあの高校に行ってまあまあの大学に入りまあまあの会社に入社も決まった。子育てで悩んだり、あるいは夫婦で揉めたことも一度もない。もちろん学費の工面で苦労したこともないので随分と手間いらずではあった。

娘は本をたくさん読むし非常にしっかりとした文章も書く。それが一応自慢ではある。外観はわたしに似ないでかみさんに似た。考え方はわたしとは違うがどちらかと言うとカミさんよりわたしの影響を受けていると身内では言われている。でもわたしとは全く違う人生になるだろう。娘の分までもう私が苦労しておいたと言うところである。

卒業式には着物とか袴で来る女子大生がとても多い。カミさんが言うには着付けの甘さが気になる子が多いと言う。うちの子は伊勢丹で良いものを借りてしっかりとした着付けをしてもらっているけど、そんなの見てもわからない人も多い。

ただ半日も着ていると帯が下がったりなんとなくだらしなくなるのは着付けと着物の良し悪し。卒業の時の写真をずっと将来になって見て自分はちゃんとしてもらっていたんだなと娘は多分気づくと思う。その時感謝しても別に遅くはない。







卒業式を終えて神楽坂で軽く食事をした。昼間からシャンパン。鮮魚のカルパッチョサラダと、カットしたトマトにチーズとパテが一緒に入っていてそれを季節のロースト野菜でいただく。これはなかなか美味しかった。

人生というのはうまくいっていると何を食べても美味しい。美味しいものはますます美味しい。何も特別な日だからこうではなくずっとこんな暮らしが続く。我ながら誠に結構なもんである。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

しこたま  

No title

娘さんのご卒業、そして新社会人おめでとうございます。あの小さな娘さんがと思うと隔世の感があります。

それにしても、伸び伸びと育った人は、見ていてとても爽やかな気持ちになります。ハルトモさんの娘さんなら自分の頭で考えて行動するでしょうから、いろいろな困難に当たってもちゃんと自分で解決できるでしょう。

ところで、おいしいものを家族で食べられる生活ってのは、大事なことですよね(^^♪

2019/03/25 (Mon) 09:00

ハルトモ  

No title

そう言われると早いものですね。しこたまさんとも20年ですか。今後ともよろしくお願いいたします。

2019/03/26 (Tue) 19:26

コメント投稿