絶望は何も産まない。冷静に観察しそして対処する

2019年02月23日
0
0
人生の考え方


マロに激しく噛まれて引っ掻かれた傷は大分癒えたが
まだ傷口は残っている。
その傷口をマロの見せるとなんか難しそうな顔をする
マロは自分がしたことを覚えているみたいだ?

わたしが小学二年生、8歳か?
児童養護施設に収容される前年くらいの話だ
親父がわたしの親指の付け根にひどい火傷の跡を見つけて
それでわたしに聞いた、お前それどうしたんだ?

だがその傷は親父が躾のつもりかどうか知らんが
わたしにタバコの火を押してつけて
それでひどい火傷のあとになったのである
その傷は今わたしが60歳になってもまだ見える形で残っている

自分の子供にタバコの火を押し付けてそしてそれを忘れる
驚いたがわたしは絶望しなかった。
代わりに学んだ。
こういう人間も、それも身近にいるものだと。
その後の人生で
わたしは何が起きようと絶望もせず諦めもしない人間になった
常に頭を涼やかにしてとことん考えて速やかに実行する
それ以外生きる道はない

8歳のわたしを驚かした親父
60歳になったが
親父以上に自分を驚かす人間にわたしは会ったことがない
つまりどんな人間にもわたしは驚かない動じない

珍しく長いコメントをした
わたしは某医大の教授たちが巨悪だとまでは思えない
ただ自己保身で必死に生きている存在に感じる

古いこのブログの読者がコメントで
わたしは見上げた胆力があると言われている
それで株でも成功したと
その胆力がわたしの生い立ちとは無関係でないことはたぶん間違いない

言えることはひとつ
それで今のわたしがある


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿