人生の軸

2019年02月08日
4
0
人生の考え方


我が家は朝にカレードリアを頂くのがカレーの翌日の定番だ。美味しい。




中古でアンドロイドのタブレットを買ってみた。7インチだけどとても軽いAQUOSのタブレット。以前は高かったけど随分と安くなっている。最近はアンドロイドもご無沙汰なので久々に触ってみようかという気になった。何に使うかと言うと車の中で映画を見たりテレビを見たり、それからスキー場で何かに使ったり。まあなんでもいいや。欲しかったんである。で買ったはいいけど、案外使いづらい。完全にIOSに慣れてしまっているので今更アンドロイドは違和感がある。それでも思い出しながらいろいろ設定して、それで最後にSIMカードを挿してAPN設定をしようとしたらそれができない。ネットで調べるとそういう不具合があるらしい。シムを認識していないようである。仕方がないので買った店に持って行ってそんで状況を見せて返品した。中古はアマゾンとかヤフオクでは買わない。アンドロイドの場合私の経験では中古は50%くらいの可能性でなんらかの不具合にあたる気がする。ということでいろいろ設定したのを無駄だと思うか、楽しく遊んだと思うか、わたしは後者である。手が痛いので家で大人しく遊んだと言うところだ。



このリフト券はスキーウェアを買った時にもらったんだけど行く予定がないのでヤフオクで出した。いくらでもいいので安くしたらすぐに売れた。今は匿名配送と言って、ヤフオクのメールから二次元バーコードを呼び出してファミマで見せると、そのままどこの誰かに送られる。向こうにもわたしの名前住所はわからない。匿名配送が必要かどうか別としてとても楽である。たまにヤフオクで買ったり売ったりしている。だがヤフオクはいろいろトラブルも多いようだ。高額なものはやりとりしない方が無難だと思う。それと悪い評価のついている人間は避ける。世の中にはいい加減な人間はたくさんいるのである。

児童虐待の報道が後を絶たないが、それだけ大人が病んでいるという証なのかと思う。わたしの経験では躾と称して子供に暴力を振るう大人は、大抵世の中ではからきし意気地がない人間である。世間では我慢して耐えて何も言えないくせに家の中では暴君になる。児童養護施設で働いていた時もそうだと思われる親が多かった。たまに子どもが外泊をする。外泊と言うのは親の元に泊まるわけだが、その時の子供の様子で、ちゃんと躾けろと施設にクレームをつける親がいるんである。じゃあ自分で躾けろよとは言えない。殴るからである。私の親父も世間ではカラキシ意気地がない人間であった。ところが家では随分と偉そうにして子どもつまり私を殴る。タバコの火を押し付けられるのには難儀した。あれは酷かった。今でも傷が残っている。

それで児童相談所から児童養護施設に行ったわけだが、わたしのような目に合う子供は大人になるとかなりの可能性で子どもを殴る。では自分が殴らずに甘やかされて育つと、自分の子どもに甘いのか? これはケースバイケースでわたしが見た範囲では、自分の子供には厳しくて体罰もするという人間がけっこういる。共通しているのは世間に出てからきし意気地がなくて、自分の不満鬱憤を溜め込んでいるということである。甘やかされて育って世間では通用しないその反動が家で出るということかと思う。

甘やかすのと体罰は裏表で結局本物の愛情がないのである。甘やかしてなんでも買ってやったり物を与えたり、それが子どもに良いわけがない。子どもに良くないことをするのだからそれは本物の愛情とは言えない。一方厳しく躾ける人間はそれ以上に自分に厳しくしないといけないのに、案外自分に甘いという人間が多い。これでは厳しくする意味がない。子どもだっておかしいと感じる。私の場合もう小学高学年では親はおかしいと確信していたからね。それで反面教師にしたわけだ。大抵は親の逆をすれば間違いがない。身内では優しく、外では恐れを知らず、媚びへつらわず、自分の考えに従って行動する。素晴らしい反面教師と言えるけど、それは自分というものがあればこその話である。自分がなければやはり大人になって子どもを殴る可能性は高い。ちなみに家庭では私がカミさんに逆らうことはまずない。カミさんの言う通りにしていればまず間違いがないのである。

会社ではいわちゃんと長く上司部下の関係だったけど、いわちゃんが良く言っていたのは、ハルトモの素晴らしい点は頭が良いということじゃあない。それくらい頭が良い人間はいくらでもいる。だがハルトモくらい軸がしっかりとしてブレない人間はまずいない。その当時はそうですか、くらいにしか思わなかったけど、すでに仕事も引退して、そして10数年このブログを書いてきて今思うのは、ここに書いてあることが私の軸ということなのかなと思う。話は冗長になってきたが所用があるのでここでアップする。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 4

There are no comments yet.

sao*ihu**  

No title

はじめまして。子育て中の主婦です。児童養護施設の過去記事を拝読しておりましたので、昨今の虐待死に関するハルトモさんのコメントを待っていました。

公のメディアを通じてでは、なかなか擁護施設や児相の実態を知ることはできないので、ハルトモさんの記事や発言は社会的な価値が非常に高いと思います。

2019/02/08 (Fri) 14:40

ハルトモ  

No title

児童養護施設関係の記事をお読みいただいておられるのですね。もう現場にいないので新しい記事は書きづらいのですが、そのうち書こうと思ってるネタもあります。今はまだ書けないですが。

2019/02/08 (Fri) 16:35

yoe*uyo*hi  

No title

ハルトモさん、ブログいつも有難うございます。もう殆ど忘れてかけていたのですが思い出を、いくつのときか遊んで家に帰ろうとすると、警察車両?がいっぱい、ビックリドッキリ家は家宅捜索され両親は警察に連行されたとのこと、自分の親は密造をやってたんですね、薄々なにか後ろめたいことをしていると感じてましたがね 、
何かのきっかけで親父の逆鱗に触れ、棒を持って迫ってくる僕は窓から外に逃げ出し、しばらくしてそっと家に帰る、姉は捕まって少し叩かれたようです。
ボイラー(密造使う)の 修理調整、知り合いの人が手伝ってくれてたのですが、うまくしないと言ってすごく怒り出す始末でした。夫婦仲、一度夜中取っ組み合いの喧嘩をしているのを見て悲しくなりましたね、良くなかったですね、意気地のない男、嫁さんになじられていて夫婦仲悪く子供にも辛く当たるそんな気がします。

2019/02/08 (Fri) 20:48

ハルトモ  

No title

ほーそれは大した思い出ですね。
母のまっちゃんと親父の取っ組み合いの喧嘩はほぼ毎日。マツコは興奮して包丁振り回してましたね。随分危ない親でした。

2019/02/08 (Fri) 22:47

コメント投稿