seversman sim 使い放題格安SIM 事情

2019年01月28日
0
0
スマホ・ガジェット



自宅に固定回線のWIFI接続があるけど、頻繁に外出する人、例えば私のように那須にリゾマンがあるなら自宅外でのネット接続はクリティカルイシューになる。モバイル接続だと大抵容量が決まっていてその容量を使い切るとぐっとスピードが落ちる。これでは別荘ライフが快適とは言えない。もちろん別荘に固定回線を引けば話は簡単なのだが、そこまでは要らない気もするし、もちっと節約もしたい。そこでいろいろ考えているんだけど、格安SIMの中には使い放題を謳うSIMがいくつかある。多分1番評判が良いのはUQである。実際わたしはUQを契約して児童養護施設の卒業生に与えている。UQの使い放題プランは500KPBSに速度は制限されるがほぼ毎日1ギガ使える。動画は解像度を落とせば止まらずに見える。大抵のゲームもストレスなく使える。学生のニーズを最低限満たしてそれで月額2000円強。私は施設の子に高校生の時から与えている。もしも同じ容量をキャリア大手とかでやれば月に1万円はかかる。それをわたしの与えているシムを使うことで、子供は自分のスマホを最低の値段設定にできる。結果は月に8000円は節約できる。その子は今は大学生。大学卒業までわたしが負担してあげる。そうすると8000円X7年=672000円が子どもにとっては節約になる。それは社会に出るときの所持金の差となる。子どもには折にふれてパソコンとかタブレットとかプレゼントしている。総額100万円くらいになるだろうか? 児童養護施設に漠然と寄付をする人間は多いけどみんな希釈してしまい生きた金になかなかならない。事情をよく理解して見込みのある子に集中して投資?する。これができるのもわたしが4年間施設で働いたからだ。わたしがこのことブログに書いたら不公平だというコメントがあった。全くバカな指摘だ。世の中なんて不公平に決まっている。施設の中での公平なんて意味がないのである。できる範囲で自分が触れ合う人間を全力で応援する。それの何が悪い?

おっと話が長すぎた。格安使い放題SIMの話題だった。ということで、使い放題ならUQが良いことはわかっている。それでも周波数もちと癖があるし月に2000円強とそれなりにコストが要る。そこでいろいろ調べるとsevwrsman simというのがある。月額600円で一応使い放題。かなりマイナーなSIMである。ネットで評価を調べてもよくわからない。さてどうする? 答えは簡単だ。一度使ってみれば良い。ということで今月から契約して使い出している。使った評価はと言うとかなり微妙だ。実際の速度は日中はろくに速度がでない。冒頭の写真は夕方5時のもの。はっきり言って期待外れだ。こんなスピードだとまあ使えるのはテキストのやりとりのSNSとかメールくらいである。ウェブサイトの閲覧はちと厳しい。ところがこのSIMは変な時間だと凄く速くなる、早朝とか。たぶんユーザー全体の容量が決まっていてほかの人間が使っていない時間は速いのである。安いのでこれでいいのかなって気もする。メールとかラインが出来て後はたまに速い、それで600円はそれなりに説得力がある。このSIMはマイナーなんで知らない人多いからこうやってレポートする意味はあるかなって思ってこの記事を書いた。結論はおすすめしない。誰かが契約するとわたしがたぶん遅くなるから。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿