どれだけ儲けたいのか

2019年01月22日
0
0
マネーと生活
投資関連のブログをあちこち見ていて感じるのは、自分はいったいどれだけ儲けたいのか?自分の生活と金銭の感覚が明確になっていない人がとても多いということ。儲けたお金でさてどうしようかという思考の順番になっている。もちろん首尾よく儲ける人はそんなにいないからどうでもいいと言えるんかもしれないけど、自分が好きでハンティングをする人は別として、自分の生活を豊かにするのが目的ならやはり目標額はあって然るべきだとそれはわたしは思う。そしてその目標額にもし達したら潔く辞めるくらいの心持ちがあっても良いとわたしは思う。でなきゃ人間の欲で際限がないんじゃないかしら。どこまで行ってももっと欲しくなる。

相場でどれだけお金がいるのか?という事を考える時にたとえば毎年500万円はあれば良いなと思う人がいるとする。わたしはこの考え方に違和感を覚える。年金じゃないんだから(もっとも最近は年金も怪しいけど)毎年500万円平均して儲けるってことはとんでもなく難しいし、それでは一生相場から離れられない。長くやればやるだけ危ない世界なんだから、できれば早く足を洗ったほうがいいはずなんだよね。楽しいから続けたいという人はそれで良いだろうけど、ほとんどの個人投資家は相場よりお金が好きだと思うからお金が十分なら相場をしなくてもいいんじゃないかしら。

ではどう考えるかと言うと、仮に毎年500万円あれば良いならそれが自分の人生とか考えてまあ30年としたら500万円X30年で1億五千万円それだけ稼いで止めようと、そう考えて始めたらいんじゃないかしら。そう考えるとその人にとって必要な金額は年齢とか家庭とかでだいぶ変わってくる。当たり前のことなんだけど早く稼いでしまったほうがずっと得である。まず若いうちに無借金で家を買っていればローンを払う倍ほど楽になる。何軒か貸しでもしたら大変な余裕となる。逆にずいぶんと年を行ってから稼いでもローンや家賃をさんざん払った後では効率が悪いのと体力とかの問題もあり稼いでもそんな楽しめない。

ということでいついつまでに幾ら儲けるというのがわたしは正しい考え方だと思うし、それでうまくいかないなら修正をかけられる。漫然とと言っては悪いが仮に年間いくらか儲けたとしてもそれがいつまで続くか、たぶん続かないけど、そんなんじゃ、いつまでたっても奴隷のままでそれで歳を食ってしまうと思うのね。どうせやるなら、わたしの言うように考えてやれば良いと思う。相場にはそれくらいの夢はあるから。


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿