コブ特訓を受ける

2019年01月05日
0
0
リゾートゴルフ&スキー




那須のゴルフ場はかような有様ですのでゴルフもバイトもできませんが、代わりと言ってはなんですが乗馬クラブの野良仕事もありますし、スキーや乗馬は問題なくできます。別にどうということはないわけです。選択肢が多いから臨機応変にやれます。




スキーは今シーズン滑走8日目。大先生と一緒に連日マンツーマンでのレッスンです。2級のレッスン後の模擬検定ということで大回り小回りそしてシュテムターンとやりましたがまず2級は問題なしというお墨付き。実際検定をするバーンでその検定もする大先生が言うことなのでまず信じて問題なし。注意しないといけないのは普段やらないシュテムターンでパラレルにならないようにきちんとズラすということ。さらに山足を開くと言うよりむしろボーゲンを意識すること。そうすると自然と山足だけ開きます。そして斜度が強いと自然にずらせられるのですが、検定のバーンは斜度がないためパラレルにならないようにずらしを意識する。この辺りのようです。

小回りは上手にやろうとせずにゆっくりめのターンで2級は十分ということでした。大回りは問題なし。で以上の3種目が2級検定種目。栃木県は2級取りスキークラブに所属するとインストラクター講習が受講可能でそうすると初心者相手のレッスン資格が得られるそうです。団体のレッスンの応援に行ったりするニーズがあるそうです。取ればいいと大先生には言われました。

大先生によればスキーは1級が出発点だということです。2級は通過点だからと1級の横滑りとかコブのレッスンも始めてくれています。コブはなんと浅いコブなら降りられるようになりました! ポイントはコブの底に向けてズラして行くこと、さらにコブの底で反動をもらって次につなげる動き(膝を抱える動き)。今までのわたしは怖がって底で突っ張ってしまっていたようです。だからそこで終わって次に続かない。今後次第に深いコブを手の内に入れれば大丈夫と言ってくれました。やはりずっと見ていて、それでいいとかそれは違うとかすぐに指摘してくれるので上達が早いと思われます。

どうやら今シーズンはかなり上達するんではないか? ワクワクするくらい楽しいです。大先生からはこれから上手くなる伸び代があるのは羨ましいと言われました。大先生はこれからはもう上手くならず体力ととも下降するしかないと言っておられましたが、やはりアマチュアスポーツはなんでも上達する過程を楽しむものという気がします。わたしみたいにいろいろやるけど、どれも伸び代十分ということでやればやるだけ楽しめそうです。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿