ゴーン失脚の黒幕は誰か?

2018年11月20日
2
0
株式投資
私の邪推を披露しよう。この鮮やかなクーデター、黒幕は必ずいる。だがそれは日産内部ではないだろう。そんな覇気のある人間は日産に残っていない。全部ゴーンにクビになっている。残っているのは茶坊主だけである。それが今の日産。

ゴーンは日産を牛耳っていて同じように三菱自動車を牛耳れると舐めていたのではないか? 日本最強の財閥 三菱を多分ゴーンは怒らせた。と言うか三菱の怖さがわかっていなかった。

遡ること10数年前に三菱自動車がダイムラーの傘下になったことを覚えている人もいるかもしれない。だがそのダイムラーを三菱グループが総力で追い出したことはあまり知られていない。ダイムラーの場合は唐突に見切りをつけて全ての資本を引き上げたが、それで三菱重工中心での支援体勢がすぐできて、ああ三菱はダイムラーを追い出したとわたしは理解した。

三菱財閥はまさに日本そのもの。三菱自動車がゴーンのオモチャにされることは許しがたい。ゴーンの場合は日産でだいぶ脇が甘くなっていたから、そこを三菱財閥が突いた。当然高級官僚も絡んでいるだろう。政治家も噛んでいる可能性も高い。三菱の力は強大である。

今後ルノーとフランス政府がどうでるかだけど、彼らが守ってやろうとしなければ、ゴーンは実刑まであるだろう。間違ってもルノーの親分として残ってもらっては困る。息の根を止めるには実刑である。ホリエモンはだいぶ小物だったがやはり権力を怒らせて収監された。

以上邪推である。根拠はわたしの経験と勘。その勘がどれほどのものか知っている人は知っているとは思うけど。あくまでも邪推ね。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

DOA  

No title

なるほど。。三菱は思いつきませんでしたが、たぶん大きな力があるところで働いたんんだろうな。と思ってました さぁフランスは何を考えているだろう。。という邪推です

2018/11/20 (Tue) 18:33

ハルトモ  

No title

大きな力というのは間違いないとは思います。

2018/11/21 (Wed) 21:07

コメント投稿