クリスマスー自分で自分を抱きしめてあげたい

2018年11月17日
2
0
人生の考え方


那須はすでにクリマスシーズン



ジョンデンバーが大好きで中学高校時代によく聴いていた。高校の時はジョンデンバーみたいな長髪にしていた。彼が歌うクリスマスソングはいくつかある。ふと聴きたいと思いItunesでダウンロードして那須からの帰り車で聞いていたらこの曲で思い出が蘇ってきた。古風に言うなら、落涙を禁じ得ず、慟哭というワードもまんざら大げさでもない。

8歳の子どもが飲んだくれのお父さんに頼む。今年のクリスマスだけは飲まないで家に帰ってください。ママが泣くのは見たくないから。

Please Daddy, don't get drunk this Christmas
I don't wanna see my Mumma cry
Please Daddy, don't get drunk this Christmas
I don't wanna see my Mumma cry

Just last year when I was only seven
And now I'm almost eight as you can see
You came home at a quarter past eleven
Fell down underneath our Christmas tree

8歳の時、わたしは児童養護施設にいた。クリスマスには父親も母親もいない。ミッション系の施設でわたしはやりたくもないクリスマス劇をやらされた。それも人買いの役で。

わたしはこの曲の8歳の子供の気持ちに共感すると同時に羨ましいくらいであった。だってお父さんはあかんたれかもしれないけど優しいお母さんがきっとそばにいたんだなって思えるから。

わたしはもしもタイムマシンがあるなら、52年の時を遡って自分に会いに行きたい。そして8歳の自分を抱きしめてやりたい。誰からも抱きしめられたことがないわたしを。

それができないから、その代わりにわたしは児童養護施設に行ったようなものである。実際何人もの子どもをそれこそ心から抱きしめた。まるで自分を抱きしめるように。

わたしが今大好きなクリスマスソング


歌詞は言う。クリスマスにはあなたがいてくれればそれが最高!あなたが大好き!

児童養護施設の子どもに言おう。
きっと君のことが大好きな人が現れるからね!

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

kurisan  

No title

ハルトモさん、
僕も母子家庭で小さいころは誕生日とかクリスマスとかお家でお祝いしてもらった記憶がほとんど無いです。だから小学校なんかで誕生日月になると他の子と一緒にちょっとした誕生会みたいのがあって、みんなにおめでとうって言ってもらうだけなんだけど、それだけで(あまりに嬉しくて)泣いてましたよ(笑 お陰で孤独には強いけど愛情に飢えるつーのはやなもんですね。

2018/11/18 (Sun) 07:35

ハルトモ  

No title

> kurisanさん
おめでとうと言われて喜ぶというのは素晴らしいことですね。

児童養護施設には誕生日を素直に喜べない子どもが多いです。自己否定感が強いのです。これは特に幼少期の扱いで決まってくるようです。三つ子の魂百までという奴です。

2018/11/18 (Sun) 10:18

コメント投稿