経済的自由と精神的自由

2018年10月19日
0
0
人生の考え方
経済的な自由というものをなぜ求めるかと言いますと、つまり精神的な自由が欲しいということなんでしょう。お金のためなにか不本意なことをしている。または不本意に時間を拘束される。金さえあればそんな嫌なことはしなくて済むだろうという理屈のわけですが、これは私はあまりオススメしない考えかたのわけです。そう何度も書いているのですけど読者でもそう思っていない人がかなり多いと感じます。

経済的自由を得たいなんて簡単に言いますけど知り合いで達成した人がどれほどおられますか? ハルトモがいるなんて言ってはいけません。私は1000人いるこのブログの読者のほとんどをよく知りません。知り合いじゃないです。冗談はさておき、経済的に自由でないと精神的に自由でないという理屈だと、これは一生不自由に感じることになりかねません。それくらい達成が難しい。

そしてさらに申し上げますと、経済的に自由なれば精神的に自由になると思っていて運良く稼いでも多分そうはなりません。もっと欲しくなります。所謂欲というものです。なぜか?お金と自分との関係という意味だとお金の奴隷であるいうことはなんら変わっていないからです。

お金があることで自由そして多分幸せに感じる、逆に金がないばかりに不自由だ、不幸せだ。この思考の連鎖は切りたいわけです。人間というのは金あってもいいけど、なくても幸せでなきゃいけません。金なんてそれほどのもんじゃないのです。かと言って金がないのを無理無理受容するのはそれは自分に嘘をつくことでダメなわけです。

般若心経じゃないけど、不自由だ、不幸せだなんて言ってもそれは結局自分の心の中にあるもので目には見えません。そう思うに至る現実はあるにせよ、それで不自由に思うとしたらそれは自分が作り上げたものです。簡単に言えば不自由だと思わなきゃいいのです。それでですよ。ここからが大切なことですけど、自分で自分の軸を持つことです。その軸によって、こういうことは嫌だから絶対やらないという明確な線を引くことです。それ以外は鷹揚に聞いてあげればいいのです。子供をあやすような気分で。

世の中でおかしいなとか変だななんて思うことは山ほどあります。ほとんどは大したことじゃない。いちいち目くじら立てるようなもんじゃない。それが自分が不自由だという気持ちが強いと、なんでもかんでも頭に来る、やってれられないよなんて思う。でも結局みんなやるわけです。それでますます不自由に感じる。どう考えても負のスパイラル。

この話面白いかしら? 何度も似たようなことを書いてんだけど。まあずっと話を先送りすると、精神的な自由が先にあって、そうすると経済的な自由への道も開けるってことなんです。そして素晴らしいことにすでにお金の奴隷じゃないから稼いでも自分でそれを足りると知ることができる。稼ぎ終えが自分でわかるようになります。もちろん全員じゃないですよ。でも別に開けなくたっていいでしょ。十分幸せなんだから。

こんな話が続いて、それで具体的にわたしの事例なんか書いてもいけど、続きはどうすべえかな。
いずれにせよ、お出かけなんで今日はここまで。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿