オーロラを見たいか

2018年09月30日
0
0
旅を楽しむコツ
オーロラを見たことがあるのかと言うと実は多分ある。日本ーヨーロッパ間の飛行機は北極圏を飛んでいくんだけど、一度キャビンアテンダントがオーロラが見えるというので窓から見た記憶がある。イメージしていたような怪しげに美しく光る感じじゃなくて、なんだあれでオーロラかと思った記憶がある。もっとも見間違えかもしれない。北極圏を飛ぶというとアメリカ線もアラスカあたりを飛んで行くのでオーロラが見えてもいいのかな。まあ数えきれないくらい飛行機に乗って一回だけであるから飛行機からオーロラが見えるというのは珍しいんじゃないかなと思う。

飛行機からの景色で凄いなと思ったのは、夕陽だか朝陽だか忘れたが、とにかく太陽が地平線すれすれで浮いたり沈んだりしているのがしばらく続いた光景である。飛行機の進む具合で浮いたり沈んだりしていたが幻想的であった。そう言えばその後暗くなったような記憶だからあれは夕陽だったか? それともうひとつ大きな雷雲が飛行機の窓から見えてそこから凄い稲妻が出ていてあれも凄い迫力だった。乗ってる飛行機そのものは晴れているところを飛んでいたので音はしない。ただ凄い光。

さてオーロラだけど、これを見に行くということを少し検討してみた。カナダのイエローナイフというところかフィンランドのラップランドが見るのには良さそうだが、1番の問題は他にすること見るものが大してないということである。毎日見えるわけではないので三日間か四日間ほど泊まり込む。それでオーロラがでたぞと言うと外に出ておーと見る。それだけ。特にイエローナイフはそれだけ。ラップランドはフィンランドだからヘルシンキ観光とかムーミン村とかサンタ村とかあるんじゃないかと思ったが遠いしそれに時期的に開いてない。オーロラは夏でも見れないことはないらしいが確率はぐっと下がるそうである。(暗くて長い夜がオーロラ観察には良いらしい)。

そうまでして見たくないとカミさんが言うので、それでオーロラ旅行はペンディングということにした。だいたいすごく寒いからね。夏に行って運がよければ見えるというのがいいかもしれないけど、夏はゴルフで忙しいからなあ。秋も春もか。冬はスキーだし。リゾマンばっかりになっちゃうな。



カミさんと娘がベルギーに行くんだけど豪華な旅でブルージュに2泊するそうだ。ほとんどの日本人観光客はあそこは日帰りで行く。それを2泊も滞在するとは、夜と朝のブルージュはさぞかし素晴らしいだろうな。さすが我が家族である。旅を心得ている。旅というのは何を見たかじゃなくて、時間の質だと思う。リゾートに行ってホテルから一歩もでないなんてのも極上の時間の使い方で実際かみさんと娘はそうしている。

わたしは留守番なので簡単にモバイルセッティングできるようにしろとのお達しでそれで見つけたのがこのSIMカード。ヨーロッパ周遊なんだけど、なんと日本でも繋がる。つまり家を出る前日にSIMカードを入れ替えてしまい、また帰国して家に戻ってからシムカードを戻せば良い。それはわたしがやる。これならモバイルのことがよくわからない人間でも楽勝である。このシムカードはヨーロッパ全域と中東でも使える。娘がエジプトに行く時も重宝しそうである。現地では050で始まるインターネット電話を使う。これなら着信もできるし日本へも発信できる。lalacallというのを使っているがこれは使いやすい。普通の電話と同じように着信を拾える。(アプリをばクックグラウンドで走らせたりロック画面を解除する必要がない)

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿