選択肢

2018年08月13日
6
0
人生の考え方
http://earlyretire47.blog.fc2.com/blog-entry-427.html

この話はとても興味深いので勝手にリンクさせていただくことにした。ご挨拶したくてもコメント欄もないし。

わたしがここで書いているように稼げば稼ぐだけ幸せではないということにも繋がると思う。むしろ自分のしたい暮らしを定めてそれを実行する、わりと律儀に。その方が悩みがない。お金は足りないでは行かんがかといってそれ以上要らないのである。そう潔く決めてしまうことで暮らし向きが定まる気がする。自分で選択肢を練って絞り込むこむことで幸福感が高まるという気もする。

わたしは少年の頃自分が夢見たような人生をそのまま送っているという実感がある。ギャンブラーを夢見た。それで車券師や株式投資も成功した。おじいちゃんみたいに世界を飛び回る凄腕ビジネスマンにもなってみたかっった。それも実現した。それから児童養護施設でも働いたが、これはそこで働くこと自体でなくその前に見事成功して金がないと施設に行く意味がない。その上での子どもたちとの交流。文章を書くのが好きでそれを職業にしたいとも思っていたけどそれで金を得なくても良いような気にはなった。そこは少し変わったけど売文より贈文の方が気分がいいや。

幼馴染に言わせるとわたしの基本的な考え方は子供の頃と変わっていないらしい。与えられた道具や環境から将来を考えない。自分がどうなりたいか、それが出発点。そこから考えて足りないものは補うかなくてもいいように工夫するか、そうやってこうなりたいと思うものはなんとしても実現してきた。そしてそれ以上は足りるを知り調子に乗らない。人間は大人になるに従って少年の夢を忘れる。成長するという体裁の良いお題目を添えて。いろんな意味でわたしはずっと少年のままだという気がする。少年ハルトモの満足感は高い。してやったりという気がしているもの。




夕方4時半からフラリとコースまで自転車で行ってみた。5本のクラブだけ持って。5本の中身は5番アイアン、PW、52度、56度、パター。最初練習するつもりだったが、これで回ったらいくつが出るかなと思ってハーフだけラウンドしてみた。長いクラブがないから刻むしかない、かと言って5番の下もないからそこはフェースを開いてカットに打って距離を落としたり。

5番アイアンしかないことでいろいろ考えてそれで工夫する。それが楽しい。100ヤード切るとかっちりまとめる。ということでスコアは43、ゴルフクラブは14本もあるけど、そんなになくてもいいってことみたいだ。多分3番ウッド、5番アイアン、8番アイアン、50度、パターで普段と同じようなスコアはでそうな気がする。今度やってみよう。

選択肢という言葉は面白い。例えば5番アイアン一本しかなければいろいろ打ち方を変える。つまりクラブに選択肢がないなら自分でほかの選択肢を作るということである。実は選択肢は減っていない。むしろ増えている。人は無意味に材料や道具を与えられてしまうと工夫をしなくなり、実は本当の自ら作り出す選択肢を失っているとも言える。いろいろあって面白いですね。人生は。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 6

There are no comments yet.

-  

No title

こんにちは。興味深く読ませて頂き、なるほど!と思いました。多くの選択肢がその人の苦しみの元になっている可能性があるとの発想はなかったです。でも、気づいてみたら確かにそうかも?って思います。
大学にしろ、就職にしろ、彼女にしろ、一本に絞ってそれが成就するのが一番幸せだし、諦めもつきます。俺にはこれしかなかったんだって。
たまたま、その方の幸せの確率を読んでいたのですが、この選択肢の考え方は頭に残っていませんでした。逆にリタイアすると早起きするのも朝寝するのも自由って書いてた記憶があります。
5番アイアンの話も面白かったです。5番アイアンを株式の銘柄に代えて読ませて頂きました。

2018/08/13 (Mon) 16:34

内山直  

No title

記事を紹介していただき、ありがとうございました。
選択肢もお金と同様、取り扱いが難しい代物で、あればあるほどいいというものではないという気がしています。
どのくらいの量が適切なのかは、その人の技量や性格にもよって違ってくるのでしょうが。
以前服についての記事がありましたが、ハルトモさんは高級服からユニクロまで、多くの選択肢を楽しんでいるようでありながら、実は最初からご自身にとって快適なレベルまで対象を絞り込んでいらっしゃるように感じました。
材料や道具を与えられることにより選択肢が減りうるというご意見、大変勉強になりました。
逆に道具に使われてしまうことがないようにしたいものです(なかなか難しそうですが)。
今後ともよろしくお願いいたします。

2018/08/14 (Tue) 16:13

ハルトモ  

No title

> 竹井さん
行動とか発想は自由で良いと思います。環境(境遇)とか道具とかの話ですね。それも自分で選択肢を狭めるなら価値観の確立が必要です。内山さんはそこがしっかりとできている人だから自分なりのライフスタイルを持ちそこで自由に生きるということで両立します。

2018/08/15 (Wed) 10:57

ハルトモ  

No title

> 内山直さん
勉強などと大げさな!そんな立派なもんじゃありませんが、今後とも楽しくやっていきましょう。

2018/08/15 (Wed) 10:59

ぽん太  

No title

30年以上前、アルビン・トフラーが「これからは大量生産の時代から、多品種少量生産の時代になる」と言っていたような記憶がありますが、全然そうなっていないのも、そういう理由なんでしょうね。

2018/08/17 (Fri) 18:07

ハルトモ  

No title

アルビントフラー懐かしいですね。予言は当たる必要はありませんね。民衆の気を引いて本が売れる予測が一番お得です。

2018/08/17 (Fri) 19:29

コメント投稿