敷居が低いリゾートライフ

2018年06月16日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ





幼馴染の友人は我がリゾマンで4泊して温泉とゴルフを堪能して帰った。来るときはJR帰りはバスで節約。宿泊代はもちろんタダ。食事もスーパーで買ったりファミレスの宅配も使った。安い定食屋もある。唯一ディナーの外食したのがマンションから歩いていけるところにある中華。これがなかなか本格的で美味しかった。値段もリーズナブルで今後愛用したいと思える店だ。

リゾート地だから高い金を出せば美味い店はあるけど、そうでなくて安く遊ぶ。ゴルフ場もしかり、名門のコースが平日なら7ー8千円で回れるけど、よく探せばなかなか良いコースが3千円、4千円とかである。今回三日間ゴルフ三昧で合計で一万円のラウンド代ですんだ。これなら交通費を使って遠方から来ても十分コストに見あう。

もし私が近場の高級コースでプレーして、夕食も立派なレストランで食べたいという人間だったら予算はすぐに数倍になって私の友人知人はそんな気軽に来ようとは思わないだろう。付き合いきれないということになってしまう。貧乏上がりの私には金持ちの友達はいない。実際庶民の多くは金持ちとは一緒に遊べないと感じることが多いと思う。

もちろんもうちょっとリッチにやりたいという人間が来たらそれに合わせて少しレベル上げても大丈夫だ。そういう店もちゃんとチェックして探してある。いずれにせよ、せこく庶民感覚でリゾマンで遊ぶという人間は多分希少だ。そういう人間がなかなかいないのだからそんな友達がいたらそれは庶民にとってラッキーだ。

幼馴染はすでに次回の予約をして帰った。次回は青春18切符で来るそうだ。爆安リゾート。ますます安く遊べるというわけだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿