いきなり現れてすぐに買う

2018年05月07日
2
0
自動車、購入インプレ


児童養護施設を卒業した子どもが大学に入って一人暮らしを始めたので様子を見に行って一緒に食事をすることにした。食事はデニーズで爆食い。ガストみたいな安いファミレスはその子は行ったことはあるが、ロイヤルホストとかデニーズは行ったことがないと言う。すこし客単価が高い。そうすると客層が少し変わる。マックとスタバの差と同じだ。

多少静かな環境で新学生生活の様子を聞きながら食い放題に食わせてやった。2食分くらい食っていた。順調のようで安心した。学生で一人暮らしをしていれば、体調とかなんらかのトラブルで困ることはある。その時にさっと相談に乗ったりあるいは駆けつけてくれる大人がいないと非常につらいのはわたしは自分の経験でよく知っている。その子は駆けつけてくれる大人がいないから、わたしが駆けつけてやるつもりだ。その子に会いにいく道すがら、店に立ち寄ってフォーカスをさっと買った。買う気があったので下取りに出すつもりのティグアンで行った。

フォードという会社は2016年に日本市場から撤退している。もともと日本での販売台数は少ない不人気車のフォーカスだが、今後のアアフターフォローを不安視する声もあることで中古価格は大幅に下落している。今まで乗っていたユーザーも手放すケースも増えてると思う。ただ下落していると言っても玉がもともと少ないので程度が良く走行距離の少ない中古車はさっさか売れている。知っている人が狙っているのである。車そのものは世界ではゴルフと競争して張り合う出来である。

フォードフォーカスのサービスは今後不安か? この車そのものはいくらでも欧州で走っているので部品が止まることはない。日本ではフォードのメンテナンスを継続するサービス会社が設定されてご安心下さいと謳ってる。旧フォードディーラーのフォード整備用のテスターは引き継がれているそうだ。だが疑ぐり深い日本人はそこはあまり信用しない。日本人はトヨタの言うことは何でも信じるけど、フォードの言うことは全く信じない。自分の頭で中身を判断する習慣がなく言う相手の権威を見て信じる信じないを決める。だから今時フォーカスを買う人間は変態だとなる。

フォードに限らないけど外車の場合普段の整備で交換するような部品は実はそれほど困らない。それなりに流通があればストックされている。ただ滅多に交換しないような部品が壊れた場合には本国でも流通していないから本社から日本まで取り寄せるのはすごく時間がかかる。以前プジョーのオープンカーに乗っていたが追突されてマフラーを止めているいくつかの部品が壊れてしまった。その部品を取り寄せるのに3ヶ月ほどかかった。

フォードも普通に乗っている分には困ることはないだろう。そもそもそんな壊れるものではない。車は距離で劣化するからいくら見栄えがよくても走行距離の多い中古車は避けるべきである。逆に距離が行っていないなら相当機嫌よく走ってくれる。(もともとなんらかの不具合がない限り) 

わたしがそう言ってもそうかな?と思う人が多いだろうが、自動車の開発テストでは短期間に重い負荷を与えて10万キロとか10年相当の耐久性を見る。テストコースでわずか数ヶ月でぐるぐる10万キロも走ると実使用の不具合はほとんど出るのである。

でもフォードを買えばいろいろ不安はあるのは事実だし、多少高くても手堅く日本でサービスが充実している車を買えばいいじゃないかと思う人が多い。だからこそ、わたしはフォードフォーカスを買ってみたくなった。なんか変態意欲を掻き立てられるのである。

でも安くないと嫌だ。わたしはティグアンを買い取りショップですでに査定を2-3日前に取って相場を知っていたが、さて現車を見て程度の良さに一発で気に入った。それで入店してすぐにあのティグアンとこれを交換できるか? できるなら買うと高らかに宣言した。ちと無理だと知っての上、だがそれほどおかしな言い分というほどでもない。売る方からするとこれはインパクトがある。つい10分前には静かな空間が急に色めき立ってくる。

いきなり現れてて即買う? 営業マンも盛り上がる。わたしはこの盛り上がりが欲しいのである。営業マンだって人間だ。つい無理をする時もある。その無理をするのにはそれなりのお膳立てが必要だ。もちろんそれはわたしも怖いがまあたぶん大丈夫だろう。損しても大したことはない。でも失敗した経験はない。だいたいわたしは車は1日で買う。いつも盛り上がってけっこうな値段が出てくる。チマチマ長くやれば良い条件が出てくるというものではないのである。

おもしろい客が来たと店長が出て来た。そこでなんだかんだとやりとり。わたしは子供と会う約束があって遅れたくないから急いでいるんだけど、向こうはそんなこと知らないからやけに盛り上がっているように見えただろう。わたしが最初に言った条件。勢いには勢いで返ってきた。任せてください。どこでも出せないような額で下取りします、と店長。車の見積もり、下取りの査定、そんことしながら車を触って質問をバンバンするから店は忙しい。

20分後に出てきた値段は買い取り店の20%アップ。つまり安くなったフォーカスをさらに20%引きにしてもらったということになる。これはいい条件だ。多少追い金は払うけどほとんど金はかからない。わかりました。買います! すぐさま注文書にサインして30分後には店を出た。ありがとねーと言ってでる。おもしろい客だったな、とたぶんみんなで笑っている。わたしもなかなか楽しかった。

高い買い物だから慎重に時間をかけて考えるとかよく言うけど、考えると迷うとは違う。多くの人は決断をするためにある程度意味なく迷う時間を必要とする。実は検討して考える時間はそんな長くない。それでグズグズしているならわたしのようなきっぷの良い買いっぷりはできない。だいたい車なんて工場で大量生産しているもんで、何を買っても実はそんな差はないのである。たとえメーカーが違ってもね。中古車だったら事故歴と走行距離、年式がわかれば、あとは内外装見れば終わりだ。あと走っておかしければ直させる。そんなもんだろう。



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

pka  

No title

おはようございます。
フォーカスいいですねよね。私もお気に入りです。低重心でシュッとした細身が何とも言えません。
最近ディーラーを見ないと思ったら撤退してたんですね。

2018/05/17 (Thu) 07:38

ハルトモ  

No title

もうじき納車です。ハンドリングが優秀らしいですが近場用です。

2018/05/17 (Thu) 09:14

コメント投稿