稼ぎたくないと思えるようになれれば

2018年04月01日
0
0
マネーと生活

4月と5月のゴルフ旅行の計画を立てている。かみさんは4月4ラウンド、5月5ラウンドになる予定となった。うち半分くらいはホームコース。ホームコースのラッキーデーと言ってメンバーでも1000円安い日があるのでそこを予約。

それ以外は栃木のコースだが女性一人目無料という技を使う。高速代はかかるけど全体のコストしては近場のホームコースに行くのよりは少し安く済む。コースは栃木の方が良いので行った甲斐はあるということになる。

それ以外にわたし一人でほぼ毎週栃木にいくつもりだ。一泊して1日は丸々練習。1日はラウンドという構成が定番になってきた。季節が一番良いので4月5月は車で寝てもいいかなと思っている。

いろいろせこく遊んでいる。金があるんだからもっと派手に使えという知人もいるんだけど身分相応である。総額では大抵の同世代と比べてもけっこう金を使っているのと、そもそも今のわたしはろくに稼いではいない。家賃だって今は一軒はお母さんが住んで一軒は賃借人が退去して売却の方向と、ずいぶんと家賃収入は減ってしまっている。メインは企業年金といくばくかの金利と配当収入。それだけである。幸い企業年金は今年後半から増額となり、それから確定拠出年金も同じく出るようにはなるが、年金生活者という事には変わりはない。年金生活者としては随分と元気に消費している方だと思う。今後こういう節約?生活が続く。公的年金ももうじきだ。

労働に追われて時間とか気持ちとかに余裕がないとお金を節約するのが非常に窮屈に感じる。忙しく働いていると遊ぶのに体力も残っていないし、そこで手間暇かけたりせこくやっているとストレス解消にならない。労働人のほとんどは、ストレス解消のために遊んでいると言っても過言ではない。遊びを遊びとしてそのまま等身大で楽しむためには、金以外に体力と時間と気持ちのゆとりが必要で、そうなるとこれは境地と言っていい。せこさを楽しむようになり遊びと一体化する。

儲けなくても良いと思う気持ちになるのはひとつの節目だった気はするが、どこかに儲けてみたい気持ちは隠れている。今後は儲けない方が良い=むしろ儲けたくないと思うようになれればしめたものかもしれないと漠然と思っている。なんとなくその方向に進んではいる。稼いで稼いで稼ぎまくればいつか飽きてゲップがでるほど金があるからもう要らないと思うようになると思っている人はいると思うけどそれは違うなと思う。



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿