我が家のiPadの新しい使い方

2012年10月27日
0
0
スマホ・ガジェット



我が家にはけっこう大きめの一枚板のダイニングテーブルがあって、6人くらいは座れるけど、普段は3人で使っているので、そのテーブルで思い思いのことを各人してもいいし、食事の時もスペースは余っている。

そこで、テーブルの上に、iPadを常駐させることにした。ペタンと置くのではなく、しっかりとしたスタンドに乗せて斜めにたてる。ニュースや天気予報、クックパッドなどなどを、ちょっと調べたいことがあれば、すぐに調べられる。もちろん、持ち上げてもいい。マガジンラックのイメージだ。もちろん、我が家の光WIHIに直通なので快速である。

スケジュールアプリをふたついれてある。ひとつは手書き入力ができるみんなの掲示板。もうひとつはわたしのGoogleアカウントにリンクしているので、わたしが勤務日程などアップデートすると直ちに更新される。みんなのスケジュールがたちどころにわかる。伝言板がわりにメモを使うと言う手もある。

写真や音楽もクラウドにあげてあるので、各端末で更新すれば、iPadにもたちまち反映される。このiPadはブルトゥースのスピーカに直結しているんで、iPadはそのまま音楽プレーヤにもなる。 HDMIケーブルも繋げて、テレビの大画面で写真や動画の再生もできる。

iPadは決してリストラされたわけではない。我が家の基幹電子端末として、極めて重要な役割を担うことになった。iPhone2台とネクサス7、そしてモトローラphoonの上位に位置する存在となるので、昇進と言っていい。個人個人が端末を持った上で、さらに共有端末というのは、かなり便利な使い方で、今後の方向のひとつとさえ思えるくらいだ。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿