不動産は買いでほぼ決まる

2018年03月23日
0
0
家のこと不動産投資のこと
株式投資であればわたしの口座情報を他人が見ることはハッカーでもない限りできないわけだけど、不動産については過去の履歴がオープンにされているので誰でもとは言わないかが業者に調べさせれば簡単にアクセスできる。わたしが所有するマンションをわたしがいついくらで買ったのか? そしてそれを賃貸に出していて家賃がどの程度か、それはすぐにわかる。つまりわたしがその物件でどれだけ儲かっているかばればれ。(損していればそれもわかる)

不動産業者が売主さんの利益の最大化を図ります、とは言うけどわたしの利益を見て、もっと儲けさせたいと思う人間はまずいない。もう十分儲かっているんだから欲かかないで適当に売って、媒介手数料をこっちに儲けさせてくれと、いうのが業者の本音だろう。ただまだわたしが他に物件を持っていることも知っているので、つきあいを考えると本音を見せないだけであろう。

もちろん売り手が損をしていることもある。業者はそれで同情もしないけど、ただこれ以下で売ってははさすがにきついんだるうなとかいう状況は把握できる。ローンの残高とかも把握できるらしいので、つまり懐具合で売り手がどう出るか態度が想像できる。それが交渉の根拠になる。

わたしの場合は単体で十分儲かっているのと、それ以外にもいろいろ持っているわけだから業者にはわたしの懐具合はよくわからない。急いでいないことはわかるけど、別に面倒だからとパッと売ってしまう可能性もある。かと言って相手が気に入らないとか、話の流れが面白くなければ首を縦に振らない。つまり気分で決まる。そこが業者からはたぶん読みづらいとこだろう。

不動産仲介業とういうのは話をまとめるのが仕事である。売買が成立しないと仲介料が入らない。そしてほとんどのお客は業者にとって一回限りの商売。業者から見ればリピートオーダーを期待してとはならないのだから、とにかくまとめたい。そう思うなら、買い手を高い値段で説得するより売り手を値引かせるように説得する方がいろいろ手が多い。いつまでも売れなきゃ困るのは売り手である。値引きでも媒介手数料はさほど変わらない。どんどんまとめて次に行くというのが不動産仲介である。

業者から出てくる査定額とか交渉過程とか、取引過程全体が早く話をまとめる方向に出来上がっているとわたしは思う。こういう業界の流れの中で無理して高く売ろうとするよりは、買うときにしっかりと安値で拾っておくことである。収益物件でなく住居用、それも定住用の家を、安値で拾って、さらに借金がないなら、まずおかしなことにならない。逆におかしくなるのは、新築物件でも将来値が崩れるようなものをローンを組んで高値で買うケースである。そうなると売りたくても売って借金しか残らない、ローンを払い続けていくしか選択肢がないということになる。そこでなんとか高く売ろうったってそれは全然無理ということである。

そういう割高な物件に手を出すのは、決まって貧乏人である。立地が悪いとか、間取り採光とか多少条件が悪いのを、それを無理して買ってしまう。それも買うのがやっとこさ、いっぱいいっぱいで、駅近で値崩れしないような優良物件は手が届かない。後から売ろうと言っても、味方してくれる人などどこにもいないのである。


関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿