春が近い

2018年03月17日
2
0
日々の雑感ーリタイアライフ




我が家は外食が多いけど一番多いのは中華。この界隈の中華のレベルは確実にあがってきていると思う。ただわたしの最寄駅では中国人らしい人はそれほどみかけない。もう少し賃料がやすい街ではだいぶ増えていると聞く。そういうところは街の雰囲気も変わっていっているらしい。

ボルボもサマータイヤに交換した。スキーの道具も片付けた。またゴルフの練習を増やしている。ゴルフというのは少し練習をしなくなるとすぐにちゃんと当たらなくなる。維持するのにパワーが必要だから上手くなるってのは簡単なことじゃない。ハンデが上がるに従ってその程度が強くなる。やっかいなのは暫く間が空くとはてどうだったかなってわからなくなることだ。構えた感じとかバックスイングの感じとか振った感じとか、一番難しいのはアドレスだ。いつも同じように構えるということ、それもコースで、それが難しい。その分いろいろ遊べると考えている。



しげちゃんの今後の見守りの方針について主治医と施設長と打ち合わせを持った。その前にしげちゃんの往診があってその場にわたしもいたのだけど、しげちゃんとわたしの会話に皆驚いていた。
「お墓まいり行ってきたよ」
「あら、綺麗だね。わたしもこんな綺麗なとこに入れるのかい? 楽しみだよ」
「ああエイイチも待ってるってよ。でもそんな急がんでもいいってよ」
「そうかい、そのうち行くから。待ってろって言っておいて」
こんなに明るくお墓の話をするのを初めて聞いたと言う。しげちゃんはとてもお幸せですねって。しげちゃんはわたしから見てもとても幸せそうだ。それに貢献しているわたしもとてもいい気分だ。しげちゃんの身内はまったく見舞いに来ないけど、今の状態について一報だけは入れておこうという気になった。

世の中には中古マンションを購入して自由にリノベーションしたいという人も多数派ではないけどいることはいる。そういう人にとってはリフォーム済みの物件は逆に邪魔に感じる。コスト高になるからだ。ただリフォームされていて綺麗な物件の方が良いという購入者の方が多い。すぐに住めるし出来ている物件の方が生活のイメージが湧きやすい。どっちをターゲットにしてもいいのだけど、オーナーが自分でリノベーションして売りだしてまずリノベーションにかけた時間とコストは回収できない。そのままでさっさと売ってしまった方が得になる。そこそこ綺麗にするというのはたぶん中途半端だ。ただ賃貸に出しても良いと思っている場合はまた違ってくるんだが。

リノベーションを専門としている業者にコンタクトした。その業者はリノベーションをしたいという顧客を集めている。そしてリノベーションに向く物件を市場で探してきて顧客に勧めるという商売をしている。媒介とリノベーションと両方でビジネスをする戦略だ。不動産媒介業者というのは売り手を取り込むことを得意とする業者と買い手を取り込むことを得意とする業者がいるけど、後者ということである。わたしの所有する物件はリフォーム前提だから、その業者に見つけてもらう前に自分で売り込んだらどうだろうとわたしは考えたわけだ。私と直接やれば業者は両方から手数料が稼げる。その業者にとっては立地とか広さとか日当たりとか、あるいはマンション全体の質とか管理とか、そういう基本部分がしっかりしていて、中はリフォームされていない方が良い物件ということになる。まずは見たいというので来てもらうことにした。闇雲に業者を増やしても意味はない。性格が異なる業者、販路が異なる業者、をうまく組み合わせることだと思う。今後所有するほかのマンションだって持っている以上売る選択肢はあるのだからいろいろ勉強しておこうという気持ちもある。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

白猫次郎  

No title

こんにちは、不動産の売買に関する知識や技術の向上に熱心ですよね。
金より方法の洗練に関心がある。全部同じアプローチの仕方だなと思います。

2018/03/18 (Sun) 17:46

ハルトモ  

No title

まあいろいろ遊んでいるという感じであります。

2018/03/18 (Sun) 20:22

コメント投稿