人生はひつまぶしのように

2018年03月16日
0
0
人生の考え方



これはかみさんが作ったロールキャベツ、というかキャベツと肉の煮込み。美味しい。




車が二台あって二台ともスタッドレスタイヤを履いているお宅が北国でもないさいたまにどれほどあるか知らないがたぶん少ないだろう。まずはティグアンのタイヤをサマータイヤに入れ替えた。ディーラーに持っていってやるより自分でやったほうが時間的には早い。ただティグアンはタイヤも重いし多少疲れるがこれもフィットネスだと思えば良い汗をかいたということで得した気になる。折しもジムは休み。これが本日のエクササイズと相成る。そしていくばくか節約にもなる。損は全くない。ボルボもやろうかと思ったがカミさんが乗っていってしまったので日を改めよう。

マンションの関係でいろんな業者からよく電話が入る。不動産屋、管理会社、修理会社、リフォーム会社、それで何かするわけだが、必ず聞かれるのが、「いつがよろしいですか?」わたしは必ず「いつでもいいです」という答え。そんなやりとりしても業者は必ず、お忙しいとこ失礼しました、と言う。なんで忙しいと決めつけるのだ?明らかに暇そうに見えるないかね?このわたしは。

アメリカに留学する子の壮行会を軽く行った。もう忙しくてあまり時間がとれないのでランチにした。もともとその子はお酒は飲まないからランチでいいのである。将来に向けていろいろ悩んでいることがわかる。まだ何物でもない者が何者かになるということは何者かにならないということを意味する。それが青春の悩み。若者の特権である。歳を食えば何になるかなど悩む余裕もない。どうするかと悩むばかりである。

その意味では今のわたしはまた何者かになるということを漠然と考えている。大した者ではなくても何者かにはなれる。幸いそうしたゆとりに恵まれている。遊び人だって言うなら何者かのひとつでもある。アンパンマンの作者やなせたかし氏、アンパンマンが脚光を浴びて人気アニメになった時にすでに60歳であった。その後20年以上アンパンマン作者として活躍する。元気であれば歳は関係ないとも思える。わたしの場合は若者のような悩みはない。すでに高い幸福感に包まれている。人生は2度3度と美味しく楽しめる。まさにいろんな食べ方が楽しめる、ひつまぶしのように人生を謳歌したいというノリである。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿