パサートディーゼルに試乗

2018年02月26日
2
0
自動車、購入インプレ
ようやく待ちに待ったフォルクスワーゲンのディーゼルが発売された。パサートTDI。早速試乗に行ってきた。担当の営業マンが車を回してくる。眼前に停車。ディーゼル特有のアイドリング音で所謂ディーゼル感が割と出ている。マツダのCXー5、やCXー8のディーゼル エンジンに比べるとかなり音も大きい。わたしのボルボV40と変わらないくらい。V40に比べるとパサートは車格が上なんだからこのあたりは少し期待外れ。もちろん車室内に乗り込めば遮音は効いているのでそれほどうるさいと思うことはない。それは最近のディーゼルなら当たり前のこと。

走り出しての印象はディーゼル特有の力強いトルク感を感じないということ。軽く踏めば低回転からずんと出るようなレスポンスの良さはなく遅れて車速が上昇をしていく。つまりダイレクトな操作感はない。これはスポーツモードにしてもあまり変わらなかった。エコだとかなりかったるい。この車格でリッター20を出しているのだから仕方ないと言えるのかもしれない。ただ個人的には17とかくらいでも良いからもっと力強くして欲しかった。ディーゼルは低回転からの力強いトルクが良さだと思っている。

わたしとしてはパサートに期待しすぎていたかもしれない。わたしがそんな印象を営業マンに言うと、買わないなと思ったのか、来月出るポロの新型を奥様にどうですか?と勧めてきた。少し大きくなって横幅はゴルフとほとんど同じ大きさになるらしい。興味ないな。

パサートディーゼルは従来のパサートがディーゼルになっただけでエンジン以外の装備はほぼ今まで通りである。自動運転もちろんついているが、それはすでに試乗しているしここでも書いたことがたぶんあると思うので割愛。

その営業マンがボルボのディーゼルに乗ってみたいというので助手席に乗せてわたしが運転してそこらを一周走ってきた。トルクが太く速いと感心していた。同じディーゼルだがボルボのディーゼルはデンソーの燃料噴射装置コモンレールが載っていてインジェクション技術に優れている。パサートのディーゼルはボッシュのコモンレールである。マツダもデンソー。わたしを豊かにしてくれたボッシュのコモンレールだから応援したい気持ちもあるけどちと分が悪い。昔試乗したBMWのディーゼルは力強かったがあれはボッシュ。カーメーカーの差が出ているかもしれない。ボルボもマツダもデンソーの方が技術が上だからお任せでそれでうまく行っているのかもしれない。

パサートという車は車格が高い割にパワーがないエンジンを積んでいるというのはガソリン仕様も同じである。ユーザーの年齢層をかなり上に見ているけど、わたしのような元気な人間もけっこう多いんだけどね。今後VWはディーゼルを横展開するかどうかは微妙のようである。パサートで反応を見るということらしい。だがもともとそんな売れてない車で様子を見ても何がわかるんだろう? ティグアンかトゥーランで出してくれば面白いと
思うということでパサートディーゼル、欲しいなあという印象は持たなかった。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 2

There are no comments yet.

ハルトモ  

No title

いやこれはキーワード入れて検索しただけです。

それとこんなので懲役(執行猶予付き)ですよ。
http://2ch対策.net/case/fujii.html

2018/02/26 (Mon) 12:50

ベトナム  

No title

へ~ 悪いことはできませんね

2018/02/26 (Mon) 15:06

コメント投稿