風の向くまま気の向くまま

2018年02月22日
0
0
日々の雑感ーリタイアライフ
ひさびさにビジネスホテルというものに泊まった。とーさんがそこに泊まれという。彼の家から近いからだ。が楽天では満室。それで電話してみたら電話で安いプランがあるとのことで無事予約できた。民宿と違って空調が整っているので軽いうわがけで寝れるのは助かる。こんな場末のビジネスでもありがたいと思うとはずいぶんわたしも質素になったものだ。

ホテルは40代の頃が一番凝っていて出張でも自腹で金を出して良いシティホテルを泊まり歩いていた時期がある。なんか場末の安いホテルだと惨めな気持ちになると勘違いしていたんだね。惨めかどうかは自分次第である。リゾートホテルは今でも良い宿に泊まりたいと思うけど、出張じゃ快適に寝れればそれでいいと思うようになったのは40後半で部長になったあたりからだ。

7時すぎに朝食会場に行くとほとんど空きがない。なんとか見つけて座る。客層はスーツが半分、作業系服が半分というところ。朝食は軽く済ませてゆっくりとコーヒーをいただきながらMacBook Airを開く。そんなことしている客はわたし以外いない。それで30分ほどして8時が近づくともう誰もいなくなった。みんなさっさと食ってさっさと職場に赴くのであろう。時間の使い方がわたしとは別次元である。皆がいなくなり静かな空間で一人ゆっくりとするのは良い気分、窓の外を見るとさっきまで慌ただしく食事をかきこんでいた連中が順次かばんや荷物など抱えて出動して行く。動きが速いな。音が聞こえないからか、なんだか操り人形のように見える。

さてわたしはどうしようか? 選択肢はいくつかある。ゴルフはフルセット持ってこなかった。じっくりと広大なアプローチバンカー練習場でプラクティスをするか、それとも昨日に続いて栃木のスキー場に行くか、いっそ長駆会津高原のスキーにするか? 訪れたことのない秘湯探索という手もなくはない。以前なら乗馬だって考えただろう。昨日までゴルフの練習のつもりであったがかなり冷え込むとの予報。寒いなら暖かいじゃなくてさらに寒いところに出るという手もある。

トーさんに言われた。ハルトモはフーテンの寅さんみたいだって。違いは円満な家庭があって金があるってことだから寅さんよりいいな。でも寅さんてのいいよね。寅さん博物館とか行ったことあって、そこに名セリフがいくつも書かれていて、あんな平易なくだけた言葉遣いでなんて深いことが言えるんだろうって、実はわたしの文章の見本だね。一番学んでいる点はテンポとリズム。同じ内容でもこれが違うと全然違う印象になる。なるべく難しく書かないでそれでおかしいんんけど何言っているか要約しづらいってのがいい。寅さんの名セリフで気に入っているものこのブログでも紹介したはずだが探しても見つからない。なんだったかな? 思い出せないってのがきっといんだろうね。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿