薄味好みの方が得か?

2018年01月25日
0
0
マネーと生活


ピアノの調律師が来た。毎年調律を行うけど一回2万円ほど。先日浄水器のメンテでも人が来ていて1万円ほど、これも毎年かかる。家の維持管理もちょこちょことあって家の中より外周りでわりと補修が必要。一回大工に来てもらうと一万円からだ。これは好みだろうけどエアコンとかガスレンジの清掃も定期的にプロにやってもらっていて一回何万円となる。今すぐ思い出せないけど他にもいろいろあるだろう。

物をたくさん持っていると持っているだけでお金がかかる。大きいのは自動車。税金とか保険料、車検などの維持管理の費用、駐車場代とか。もちろん何年かに一度買い換えれば車両代も。不動産も持っていれば固定資産税とか、マンションであれば管理費修繕積立金が必要でこれがバカにならない。

年間200万円300万円あれば生活できると言う人もいる。夫婦で月に24万円が年金の平均収入だそうだ。これで済まそうと思えば、上に書いたような固定費はたぶん払ってはいられない。浄水器の水は飲めない。ピアノは置いてあっても音はずれたもの。エアコンは匂いがするとか。家の補修は自分でやるんだろうね。ただわたしもできるものはやっているからできないものは手付かずになるんだろう。きっと上手に暮らす人はそれでも上手に暮らすんだろうけど、こっちは遊ぶの忙しくて気が回らない。



牡蠣が食べたいと言ったら我が家の夕食が牡蠣グラタンになった。これに白ワインをいただく。わたしは晩酌ではほとんどワインしか飲まないから、なんとなくワインに合うような食べ物が多くなる傾向にある。濃いめの醤油とか使わない。以前静岡の友人が我が家に遊びに来てずいぶん薄味だとか言っていた。そうかな?って思ったけどわたしにはわからない。東北の友人なんか来たら味がないとか言うのかもしれない。食生活は長年の習慣だからけっこう蓄積で効いてくるのかもしれないけど、薄味で慣れておけばたまに濃いものを食べても美味しいしもちろん薄いのも味わえるので外食とかして得なんじゃないかしら。高い金を払って味がないって思うんじゃいかないほうがいい、、、てことは安上がりか。



関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿