バンカー越えのアプローチ

2018年01月04日
0
0
ゴルフ&スキー
バンカーの練習をたくさんやっていることはここで書いている通り。いろんな砂への対応力も増した。自分で得意だと自慢するほどでもないけど、バンカーが好きになったことは間違いない。今はバンカーに入れるのも嫌じゃない。入れば練習の成果が確かめられるし、また実戦練習にもなる。

バンカーそのものとかバンカー越えというのを苦手にする人は多い。ダフってバンカーに入れたくないとトップしたり大きく打ったり、それで結果ダボとかにすることも多い。だからと言ってバンカー越えの練習をたくさんしてもそんなに上手くはならない。プレッシャーがかかる場面ではやはりアマチュアはミスが出る。

わたしは最近バンカー越えのアプローチはバンカーに入れても仕方ないと思って打っている。入れたいとまでは思わないけど入っても別に構わない。どうせバンカー越えでベタピンとは行かない。乗せて2パットと思うならバンカーから打って寄せワンだってあると思えばそんながっかりするほどのもんじゃない。

そう思うようになって結果ミスは減ったような気がする。つまりだ、バンカー越えの苦手意識克服のためにはバンカーの練習をたくさんしてバンカーが好きになればいいのである。バンカーショットというのは上手く打てると快感だから練習はやりがいがある。

砂の薄いホームコースのバンカーだが最近砂を入れてフカフカになっている。フカフカのバンカーはよりダフリやすい。またバンカーをならすのが難しいのでビギナーに適当にならされて凸凹になっているケースも多い。ドカンと強めにダフって打った方が良い。砂を薄くとるとか小細工は私はできない。普段の3割り増しくらいで打てばいい感じで出て行くのである。
関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿