バンカーショットについての備忘録

2017年12月17日
0
0
リゾートゴルフ&スキー

わたしなりの経験で言うことなんで間違っているかもしれないけどわたしはそれで上手くなっていると思えるから備忘録で書いておきます。

バンカーはフェースを開けとはよく言われていて、それでアドレスでは開いている人はいるけど、打つときに閉じてしまう人が多いと思う。わたしもそうだった。ただアドレスで開いてもだめ。フェースが上を向いたらそのまま上を向いたまま上げていく。そしてバンスから落とす。落とした後はやはりフェースは上を向いたまま、そしてフェースは最後自分の方に向いてフォローとなる。フォローでフェースが自分を向かずに左に向いてしまうなら、それはバンスから落とせていない。歯から入っている。

自分で素振りでもいいからやってみればおわかりになると思う。これができていない人はこれは言われてもなかなかできない。試行錯誤だけどイメージから言うとバンスをトンカチの打つ部分だと思ってバンスで釘を打つ動き。それに体が同調してスイングするととんかちはUの字に動く。だからフェースはインパクト前、中、後、ずっと上向きというわけ。

栃木の状態の良いバンカーでたくさんたくさん練習した。ポンと良い音がしてふわりと上がったボールはほとんどランが出ずに止まる。多少厚く入るときもあるけど、その場合はキャリーが少なくてその分ランが出るので、だいたい似た感じの距離感になる。そんな落としどころにシビアにならずにまあダフっていけば良い。むしろトップを避ける。左足上がりはトップしやすいので要注意。

バンカーで砂はあるんだけどそれが薄くてその下は硬いというバンカーがけっこうある。ふかふかに比べて目玉になりにくいという良さはあるけど、バンスから行って弾かれてしまうこともある。この場合は上に書いたUの字の軌道を多少なだらかに動かすという方法があるけどこれは加減が難しい。何度も練習すると気持ちよくでるけど、コースでは一発勝負でちと難しい。コースで良さそうなのはインパクトヘッドを抑え込むような打ち方。つまり弾かれないように抑えるのである。飛ばなくなるので距離感に注意だけど、まず出ることは出る。当たり前だけど打ち込んで終わりじゃボールがまったく飛ばないので押さえ込んんでフォローを取っていくのは普通のバンカーと同じ。

ホームコースの河川敷になるとまったく砂なく硬いほぼ土のケースが多い。実はこうなるとたくさん練習した効果は出ない。むしろ普通のアプローチのように打ったほうがいいくらい。でも埼玉の河川敷でいくらバンカーが上手になっても栃木に行ったらまったく通用しない。背丈ほどのバンカーがいくらでもある。最近はホームコースでその土のバンカーからどう出すかいろいろ検討しているが、ホームコースを回るときはバンスが8しかない56度か58度を持っていくのが良いが、アプローチの兼ね合いもあるのでクラブを変えないなら、48度(バンス8)で開いて打ってもいいかもしれない。高さを出す必要はないのである。




関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿