儲け話に乗りたいか?

2017年12月02日
0
0
人生の考え方
自分としてはどこからかやってきたり入手したいわゆる安易な儲け話に乗らないからこそ今のわたしがあると思っている。大義というほどのものじゃないけど、儲けてしかるべきと自分で得心する時だけ勝負する。そして自分で必要だと思う以上には儲けようと思わないこと。その必要なだけという節度がたぶん難しいが儲けたからと暮らし向きを変えるとか贅沢をするとしたらそれはすでに節度から外れているかもしれない。

わたしはキャッシュを温存しているから、この時期寝かせておくのは勿体ない。なにか投資すべきと証券会社はさかんに売り込んでくるしそうアドバイスしてくれる知人もいる。でもわたしは全く動かない。もったいないとか思う人は思えば良い。なんにせよわたしの金である。

ただ人様に言えるのは、儲けないより儲けた方が良いとか、良い儲け話には乗るべきだとか、それを当たり前と思うのはちと違うんじゃないかということ。投資は生き残りゲームでもあるから自分が儲けた分だけ誰かが損をしていると思ったほうがいい。逆もある。自分が損すれば誰かが儲けている。同じ市場にいても勝つ人間と負ける人間には実は圧倒的な差があり、狩る方狩られる方に別れる。

野生の肉食獣は自分が生きるために殺生を行うが、腹が減っていなければ狩りはしない。趣味で殺生もしない。人間だけが贅沢や趣味で殺生を行う。

儲けないより儲けた方がよいと考えるのではなく、なぜ狩をするのか、そこをもう少し自分の頭でよく考える。儲かれば良いというものではない。無益な殺生を行えばいつかどこかで自分に跳ね返ってくるとわたしはそう思うようにしている。いやすでに跳ね返っているかも。あるいは過去にも。必ずそうだと言うのではなくそう思って生きた方がすべてにおいて良いと考えている。

ここから書いていけばきりはないが、わたしに共感する人はたぶんいないだろう。ただそうやって自然にしていてもわたしくらいの暮らしはできている。投資でも仕事でもなにか失敗して悩んだり苦労したりつらい思いもしたこともない。仮に成功するにしても途中で痛手を追えば傷は残る。自分を抑えて耐えるのも傷である。そんな傷を抱えてまで儲けを追いかけたいか? これは会社でも同じ。上手にやればもっと出世するとどれだけの人がわたしにアドバイスしたか。皆勿体ないと言う。だがそうじゃないのね。わたしの幸せはわたしのもので、自分で担保するしかないのである。

関連記事
ハルトモ
Posted by ハルトモ
自由人ハルトモ。那須とさいたまを毎週往復するリゾート&リタイアライフ、そして旅、投資ネタもありのブログです。
自己紹介へ

Comments 0

There are no comments yet.

コメント投稿